コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

ポルトガル1日目。 後半

さて。 荷物を置いた後は、市内へ。 
といっても、もう4時過ぎなので、美術館に行ったりもできず、ただただ散策。 
そしてまた私が、
「Yo quiero helado.(私、アイスクリームが欲しい。)」 
なので、近くにあったジェラテリアへ。

スモールのコーンで、味が2つ選べ、値段はバルセロナの半額! 私が選んだのは、ヨーグルト&ストロベリー+マンゴー。 これがスモールとはいえ、結構量があっておいしい! 

外で食べるには少し寒かったので、店内で。 食べ終わった後も、まだ話していたのですが、店内にはレジのおばちゃん、おばちゃんと話をしているおじちゃん。 アイスクリーム係りのお姉さん、食べに来ている13,4歳くらいの女の子たち3人。 そして私たち。 

私は椅子に座って、椅子をグラグラさせていたのですが、椅子の足が3本だったためバランスが悪く、後ろにひっくり返ってしまったんです>< ちょ~恥ずかしい>< 24歳にもなって、そんな小学生のような失敗をするなんて…

それから5分ほど話して外へ。 オープンカフェやレストランが並ぶこの通り↓の中に、
d0036142_237172.jpg


めちゃめちゃ忙しいそうなパステラリアを発見!
ショーウインドーに並ぶお菓子たちは、夕方のためほとんど売切れてしまっているけれど、その中においしそうな狐色のお菓子たちを発見! もちろん立ち寄って購入。 

あいにく写真を撮るのを忘れてしまったのですが、私が買ったのは、卵と生クリーム、小麦粉、砂糖を混ぜ合わせて固めたようなお菓子と、ムーンクッキーのようなクッキー1枚。 

マルが買ったのは、私と同じものを1つと、マドレーヌ。 前者のお菓子は、おいしかったけれど、少し甘味が強く、たくさんは食べられないと感じたのですが、マルにとってはスペインにあるお菓子と味が似ていたので、食べやすかったようです。

そして、私が買ったクッキーは予想通りの味。 とても日本人好みの味だったと思います。 そしてマドレーヌ。 これはココナッツ味で、同じく日本人にも馴染みのある味。 マルもものすごく気に入っていました。 

全体的にポルトガルのお菓子は日本人好みにできているように思います。 やっぱり日本とポルトガルのつながりのせいですかね?

そしてみつけたレストラン街! 何となく私がイメージするポルトガルがそこにあった感じです。 バルセロナやロンドンのような華やかさではなく、石畳とアコーディオンの哀愁と情緒が漂う風景。 

そして、外のテーブルでは食事を楽しむ人々。 おいしそうな香り。 この写真では上手く伝わらないんですが、こんな感じ↓
d0036142_238546.jpg


お腹も空いてきた時間帯なので、マルのリクエストに従って、中華料理の店に(え?)。 2人とも中華が好きなので、行った先では必ず中華料理屋に行くのですが、国によって微妙に味や具が違うのが面白い。 

牛肉の炒め物が絶品でした。 熱いものが食べられないマルは、いつもある程度冷めるまで待つのですが、私は熱さなんてお構いなし。 熱いものは熱いうちに食べるのが一番! と思っているので、マルが待っている間にもパクパク食べる・・・なのでいつも 「信じられない」 と言われます。 だって私、日本人だし☆

そして12時過ぎにホテルに帰り、お風呂タイム。 お風呂にゆっくりつかることを楽しみにしていた私は、急いでバスタブにお湯を張る準備。 ところが、バスタブの栓が見当たらない。 

と思ったら、洗面台のところに置いてありました。 着いているはずのヒモ(チェーン?)が付いていないので、「後で抜けるかな?」 と若干心配だったため、軽くお風呂にお湯を張ってチェック。 

なんとかヒモなしでも抜くことができたので、湯船を洗って、お風呂の準備。 バスフォームも入れて準備万端。 

そうして私は雲のようなお風呂を堪能。 そして栓を抜こうとしたそのとき、案の定抜けなくなってしまったんです…

何をどう頑張ってもできない。 自分のツメを犠牲にすれば何とかなるかもしれなかったけれど、ポルトガルまで来て、ツメがはがれた(しかもこんなしょーもない理由で…)なんていろんな意味で、痛すぎる>< 

定規を使って抜こうとして見たり、丈夫な糸が見当たらなかったので、ビニール袋を伸ばしてヒモ代わりに使って見たり。 でもダメなものはダメ。 

「No puedo…(できない…)」

と、2人で頑張ってみたけれど、ますますダメな方向へ。 と言うわけで、フロントに電話して事情説明。 

フロント:「大丈夫ですよ。 今は何もできませんが、明日、清掃係の人が修理してくれるはずですから。 気にしないで下さい。」

という優しい一言に、ほっとしつつも罪悪感。 マルはもう1つのバスルームの方でシャワーを浴びる。 ワンランク上の部屋でよかった。 そして、歩き回って疲れた足をマッサージした後は就寝。 さて。 明日は観光するぞ。
[PR]
by green_banana | 2006-04-12 23:04 | 旅行記