コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

交渉の結果。

ukmariさんが思い出させてくれました。 Easy Jet との交渉結果のことを。

結論から言えば、私が勝ち取ったのは£400。

£400

£400

£400


たった£400ぽっち!


もう、

なめとんのか!?

としか言いようがないです…ハァ。

私がスーツケースに入れていたのはシメて£1300。 アメリカで起こっていたらミリオンは下らないだろうと言われたこのケース!

£400ってどういうことよ!?


というわけで、

「私は常にお金を節約しなければならない留学生であるにも関わらず、冬服をすべてなくされてしまったために、新しい服を買わねばならず、そのために本来必要なかったはずの出費をしてしまったため、思い出に残ったであろうはずの友人との旅行もキャンセルしなければならず、私の留学生活の一部が、グダグダになってしまいました。 

そして何より、婚約者の両親からの、初めてのクリスマスプレゼントという、何者にも帰られないものを失ってしまいました。 このことを考えると£400というのは全く誠意が感じられない金額ですので、もう少し払っていただけないでしょうか?」


という内容のメールを、精一杯へりくだった口調で書き、送ったんです。

そして帰ってきた返事は、

「これが提示できる精一杯の額です。 Take it or leave it.」

という内容が、丁寧な口調になっただけのものでした…


もう私はため息しかつけず、この£400をイヤイヤながら受けることにしました…

…ていうか他にチョイスがないし…

というわけで、現在、£400の小切手が届くのを待っているのであります。


ほんっっっっと、なめてるよね…
[PR]
by green_banana | 2006-04-22 00:33 | 日常