コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

京劇、三国志

今日の昼は友人あだっつんと、中国京劇院による 「三国志~諸葛孔明~」を見に行きました。
中国語原題は 「鞠キュウ尽スイ 諸葛孔明」 です。 
(カタカナになってるところ、漢字が出てきませんでした。)

この劇団は、中国の今日劇団の中でも最高峰の劇団のひとつなんだそうで、ストーリーはもちろん、衣装も演出も素晴らしかったです。


私は三国志が大好き。 実は魏の曹操が好き。 そして、蜀の諸葛亮孔明も。

タイトルからも分かるように、今回の京劇の主人公は、曹操でも、劉備でもなく、

「諸葛亮孔明」。


この劇団が上演して大ヒットになった 「三国志」 から、 孔明の人生に焦点を当てて、「五丈原~プロローグ」 「三顧の礼」 「長坂ハ」 「赤壁の戦い」 「空城計」 「五丈原」 の6章で再現したものなのですが、これが良かった! 
彼らの 「三国志」 はまだ見たことがないのですが、機会があれば是非見てみたい!!

アクションあり、笑いあり、衣装も素晴らしい。 京劇を見に行ったことはなかったので、京劇に対する知識は何もなかったのですが、十分に楽しめました。 

なんで、司馬イの顔が真っ白だったのか、なんで関羽と張飛の顔がくまどりなのか。 これは全部私が京劇に対して無知だったためのギモン。 パンフレットを読んだら全部書いてありました。

これから、こういう舞台にはまりそうな予感。 中国語の響きもおもしろかったし。

「先生!」 とか、「丞相!」 なんかはほとんど発音が一緒。

でも、「曹操」 が 「サオサオ」 だったり、「司馬イ」 が 「シーマーイ」 だったり、あ~、違うな~とも思いました。

この劇団は、先月からいろんな所で公園をしていて、これからもまだまだ各地を回るようなので、機会があれば見てみて下さい!!
[PR]
by green_banana | 2006-07-06 23:44 | 日常