コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

入浴

昨日は夕方までベルサと二人で留守番でした。

ベルサを散歩に連れて行った後、ヨーグルトを食べようとしていると、食いしん坊のベルサに飛びつかれ、

800mlほどのヨーグルトを
ベルサにぶちまけてしまいました…


そして、ベルサを洗わなければならないハメに…

動物大好きなんですが、何を隠そう動物アレルギー持ち(爆) 普段触るぶんには全く問題ないのですが、毛と唾液にアレルギーを持っていて、顔や腕を 「ベロン!」 なんてされようもんなら、こんなんになってしまいます。

d0036142_2194054.jpg

写真じゃ分かりにくいけど、とにかく真っ赤。 でもって熱くてかゆい。 手までなら大丈夫なんですけどね…腕や首、皮膚の薄いところだとダメみたい。

昔飼っていた犬をお風呂に入れたときも、胸からお腹、わき腹にかけてえらいことになってしまったので、それ以来、犬を洗うのは母親に任せていました。

というわけで、15年ぶりに犬を自分で洗うことに!! しかも今回は大型犬!! さ~、やっぱりシャワー嫌いの大型犬を洗うのは大変なモンですね。 

日本のお風呂と違って、浴槽の中で洗わなければならなかったので、30kg以上もあるベルサ (しかも抵抗している) を抱えあげて浴槽に。 さらに浴槽から出ようとするベルサを、落ち着くまでなだめながらヨシヨシして、いざシャワー。

ウチで飼っていた犬のように暴れるようなことは全くなかったので、なかなか扱いやすかったのかもしれませんが、それでも 「ブルブル」 されたときに飛ぶ水しぶきがハンパじゃない(笑) しかも、洗っている最中でも隙あらば浴槽から出ようとするので、そのたびにヨシヨシ。

濡れると思って、下着だけになって洗っていたのですが、せめてTシャツでも着てればよかった…私の腕と胸元は見事に真っ赤っか。 しかもブツブツができてかゆいし…

洗い終わると、今度はドライヤーで乾かすのですが、どうもドライヤーが怖いみたいで、尻尾を足に挟んで軽く震えている…かわいそうなので、タオルでしっかり乾かして開放してあげました。

しばらくの間は少しスネていましたが少し寝ると忘れてしまったようで、また食べ物を欲しがっていました。  冬の間まったくお風呂に入ってなかったので、かなりきれいになりました。 毛がふんわりして、さらにおデブに見える…

それにしても、我が家で飼っていた犬は柴犬だったので、暴れることを除いてはシャワーがラクでした。 なのでベルサのシャワーもすぐに終わるだろうと思っていたのですが、甘かった。 

ラブラドールって、毛が密生してるんですね!! しかも毛が水をはじくから、洗いにくい(笑) ドライヤーでも毛が多すぎてなかなか乾かない。 ラブラドールでこうだと、もっと大きくて毛が長い犬のシャワーは大変なんてモンじゃないんだろうなぁ。

ちなみにウチで飼ってた犬は、普段とても人懐っこくて大人しいのに、水をかけると激しく抵抗するので、あだ名は

「ギズモ 」 (グレムリン)

でした。
[PR]
by green_banana | 2007-02-12 02:57 | 日常