コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

狭いトコロが好き

コザクラインコ。


この名前にたどり着くまで、結構苦労しました。 
だって、ダニやエロイには、



「アガポルニだよ。」



とさらっと言われ、大体どんな感じに育つかを説明されただけで、日本語の名前なんて見当も付きませんでした。 ただ、助けてくれたのは、この鳥が持つもう1つの名前。 その名も、



Pajaro del amor

(愛の鳥)




まぁ、素敵。 由来は、選んだパートナーにべったりになるからなんだとか。 というわけで、これを手がかりに、鳥に関するページを検索したどり着いたこの名前。 日本語で、このもう1つの名前、




ラブバード




…何か安っぽくね? もうちょっとセンスのある名前にできなかったのかね…

ま、それはさておき。 今日もこはるは元気です。 だいたい2時間おきにご飯をあげなければならないので、大変といえば大変ですが、可愛さバクハツでそんな苦労なんてふっとんでしまいます(バカ)。


こはるはこんなに成長しました。
d0036142_665025.jpg

前に載せた写真と比べると大きくなっている……のは分かりにくいかな(汗;)

来た頃はただ灰色だったのに、色もこんなに出てきました。
d0036142_68416.jpg

緑が増えて、頭の毛も黄色に近い黄緑の毛が生えてきました。 そして、尻尾の辺りを見てください! これ、とてもキレイな青なんです! オパールのような青!まだ顔の周りの毛は産毛状態で色が分からないんですが、これからどんなコントラストを見せてくれるのか、非っっっ常に待ち遠しいです^^


そして、コザクラインコは狭いトコロが好きらしいと色んなHPに書いてあったので、トイレットペーパーの芯を入れてみました。 するとこの通り

d0036142_6113978.jpg

気に入りすぎて、入ったっきり出てきません(汗:)
どんなに上手に隠れても~、
おしりが♪♪♪~見えてるよ♪
(歌詞忘れた)


寂しいので、反対側から覗いてみました。
d0036142_6123987.jpg

箱の外側からなので、ちょっとわかりにくいかも。 
めちゃめちゃカワイイです(爆)

たま~に、「死んでんじゃね…?」 と不安になることは内緒。

明日もまた、育ってくれていますように!!


スペインに来てそうそう、鳥の子育てするとは思いもしませんでした(笑)
[PR]
by green_banana | 2007-03-11 06:20 | 動物たち