コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

ブルガリア3日目

3日目はブルガリアにある9つの世界遺産のうちの1つ、ボヤナ教会へ。

ソフィアからバスで約30分ほど離れた、ボヤナという村にある教会です。
ここへ来るのはバスでもOKですが、乗り換えに自信が無かったので、
行きはタクシーを使いました。

しかし。

このタクの運ちゃんがボヤナ教会がどこにあるのかを
イマイチ知らなかったようで、妙な場所で降ろされた挙句、
間違った道順を教えられてしまいました(爆)

この村は山の中にあり、ハイキングにいそしむ地元の人たちがちらほらいたので、道を尋ねながら歩くこと約30分。ハイキング道だけあって、自然が美しく気温も高くなく(日陰は)、有意義な30分でした(笑)

それにしてもこの村、外国人と言えばボヤナ教会なんでしょう。
ブルガリア語が全くできない私達に対して、皆とても親切で、道を尋ねれば
快く教えてくれます。この村では英語ができる人はごくわずかのようで、
知ってると言っても簡単な単語程度。それでも一生懸命教えてくれました。

「モーリャ」

と言えば、みんな立ち止まってくれます。だからこっちも一生懸命、
即席ブルガリア語で頑張ります。

「カデ エ・・・ボヤンスカ モナストリ(ボヤナキョーカイ ドコ?)」

こっちから尋ねる前から教えてくれるおばあちゃんもいました。

↓そのおばあちゃんが書いてくれたメモ↓

d0036142_263650.jpg


言葉が分からなくても、何とかなるモンです。






じゃん!

d0036142_1515142.jpgd0036142_1521656.jpg













内部はこのボロい外観からは想像もつかないほど保存状態が良く、
狭い内部は目がチカチカするほどのフレスコ画でいっぱいでした。
内部見学はグループで行なわれ、英語のガイドさんがついて、
1グループ持ち時間10分です。石造りの教会で(←当たりまえ)
普段は扉は鍵で閉められているため、中は肌寒く、
1000年前そのままの匂いがする・・・ような気がします(笑)

外にはブルガリア女王の墓がありました。↓

d0036142_1541810.jpg


ここを訪問予定の人、要注意!
またまた小さなトラブルが。

チケット窓口にいたおばちゃんは、英語ができない人のようでした。
おばちゃんが言ったことに納得できなければ、
英語ガイドさんを探して主張をしましょう。

おばちゃんの言いなりに
なってはいけません。




何があったかというと、このおばちゃん、並んでいた外国人観光客全員に

「ウェイ アン アウワ。 
ビコウズ ウィ エンター ウィズ ワン ビィィグ グルゥプ。」


見ていると、後から後から来る観光客にも、この「1時間待て」を言っています。
どうやら、この1つのフレーズだけを繰り返している模様。

40分ほど待ったところで、英語のガイドさん登場。
私達に、「英語ガイド今から始めますから、こちらへどうぞ。」と一言。
チケットをまだ買っていないと言うと、「え?今すぐ買えますよ。どうぞ。」

というわけで、再び窓口へ行くと、またもや「1時間待て」といわれる(笑)


おいおいおいおい!


と抗議するも、おばちゃんは同じセリフを繰り返すのみで、
チケットを売ってくれない。そこへ運良く、別の英語ガイドさんが来たので、
事情を説明すると、おばちゃんは不満そうにチケットを発行してくれた・・・
一体ナンだったんだろうか・・・

そんなこんなで、ボヤナからの帰りは恐怖のバスです!

初日の出来事がトラウマになっているマルを何とか説得して、
バスで帰ることにしました。だって、タクシー=約8レヴァ、
バス=1レフ
だもんねぇ。このバスでも、また小さなオモシロ体験。

来たバスに乗って、チケットを買いルール通りに適切に処置をする。

乗り換えたバスでまた「チケット2枚」と切符を買おうとすると、運転手さんは
頷いてくれるものの、切符を売ってくれることなく、バスは発車。
「あれ?」と思い、もう1度ピースサイン着きで「チケット2枚、モーリャ」と言ってみるも、
また頷くだけで何も言ってくれない。

すぐ横に座っていた女の人が、「チケット2枚って言ってるのよ」っぽいことを言うと、運転手さんが何か返事を返しました。彼女は「あぁ。」と言い、私達に

「ユー ドン ニー。 ビコウズ ユー ハヴ」

早い話、乗り換えの時はチケット買いなおさなくてもいいようです。
たまたま前のバスで買ったチケットをまだ手に持っていたので、
運転手さんはそれをちゃんと見てくれてたようです。

頷いていたのは、「チケット必要ないよ」のサインだったんですね。
てっきり「売ってやるから待ってろ」のサインだと思ってました。
う~ん、親切だ。

・・・ってかそれが当たり前なのか・・・。

これが初日のクソババアなら、間違い無く切符売りつけられてただろうなぁ。

あ~、あのクソババア。思い出したらまたハラたってきた!
もしまた会うことがあったら言ってやる!

「Tu! Zorra vieja malnacida!
Te sacaré los ojos con los palillos!」


ってね^^ 気になる人は調べてみてくらはい。
[PR]
by green_banana | 2008-08-30 05:46 | 旅行記