コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

カテゴリ:珍日本語録( 6 )

ハウラを

最近替え歌がマイブーム。 テーマはもっぱらこはると、ベルサ。
「おもちゃのチャチャチャ」を替えたものがマルの中でヒットだったらしく、い つも歌っています。


題して「こはるはピピピ」


「おもちゃは箱を飛び出して♪」の部分を「こはるはハウラ(鳥かご)で待ちわびて♪」に変えたのですが、マルの歌を聞いてみると、


「こはるはハウラをモチマシテ(持ちまして)」
になっている(笑)


どんな怪力なんだ、こはるは(笑)

こうして、周りがおかしな日本語を覚えていくんだよ...
[PR]
by green_banana | 2007-07-11 03:33 | 珍日本語録

威厳

マルは現在日本語を勉強中。
ボキャブラリーの大半は私が普段使う言葉、マンガ、ゲームから覚えたものなので、ちょっと変。

この前、牛乳パックに書いてあった単語の意味を尋ねました。 単語は忘れたけど(オイ)意味は「高温殺菌乳」。 そして返ってきた答えは、





ばくてりあ、ウチトッタ~
(討ち取った)por temperatura alta(高温で)」




どうでしょ?コレ。。。ウケたけど(爆)
どのゲームから来たかは、分かる人には一発で分かるフレーズ
by 三国無双

バクテリアに、威厳がついた気がした、ある一日の始まりでした。
[PR]
by green_banana | 2007-07-02 03:13 | 珍日本語録

オヤジギャグ

昨日はバレンタインでしたね。 お花をもらいましたが、私は何もできなかったので、週末にチョコムースでも作ろうかと思います。 最近暑いしね。

さて。 ある日、ロサ+ビセンス+その友達でご飯を食べていた日のことです。 ビセンスがマルに、「mama」 は日本語でどういうのか訪ねました。

マル:「おかあさん」

次にロサが、

ロサ:「じゃあ、パパは?」



ビセンス:「Piso だよ。」



私以外、爆笑でした…私は何がおかしいのか、ナゼにピソなのか分からず、「???」 でした。 ちなみに 「piso」「アパート、マンション」 を差します。


ひたすら 「???」 な私にマルが説明。 それによると、

「おかあさん」 は普通、「おかーさん」 って発音しますよね。 で、「かー」 の部分を高く発音しますよね。 なので、こっちの人には (慣れていないと) 「かーさ」 の部分しか聞き取れないらしいです。 お分かりですね。

   「かーさ」 → 「カーサ」

         ↓
         ↓



  「Casa (家)」




となるわけです!

というわけで、その配偶者っつったら 「Piso (アパート)」 じゃね?」 ってな発想らしいです(爆)

ほほう!と思ったけど、こういうのって、日本では 「オヤジギャグ」 っていうんじゃなかったっけ
[PR]
by green_banana | 2007-02-15 23:51 | 珍日本語録

アマガサキ

今日、ふと思い出した。

ダウンタウンの出身地、20年ほど前は、校内暴力発生率日本一だった(らしい) 「尼崎」。

コレは、カタルーニャ人の耳には

「You hide here (君はここに隠れている)」

に聞こえるそうです。 「You hide here」 はカタランで、

「Amagas aquí (アマガス アキ)」

というらしいのです。

これを続けて発音するので、

アマガス アキ → アマガサキ

同様に、数年前にパンダがやってきた桜の名所、神戸が誇る(?) 「王子動物園」 のある、JR灘駅。 これは、スペイン語を知っている人ならもうお分かりですね。


ナダ。



「Dónde vives?? (どこに住んでるの?)」


「Nada」




会話になっているようでなってません。 …いや、なっていないようで、なっている、と言った方がいいのかな? スペイン語では

「Nada = Nothing」

なので、さっきの会話は、

「どこに住んでるの?」


「どこにも」



みたいな感じに聞こえるのかもしれません。


マルタはもちろん、この駅名を聞いたとき笑っていたし、「Nada じゃないよ。 ちゃんと動物園があるじゃない。」 と言っていた。 そして、私のスペイン語の先生ハビも、「もし、僕が灘に住んでて、友達に住んでる場所を聞かれたら、ちょっと答えたくないかもしれない」 と言っていました。 

ありますよね、こういう空耳アワー。 昔、小学校4年生で英語なんて何にも知らなかった頃、X-Japan の 「Say anything」 という曲の歌詞、「Where can I go from here?」「稚内と帯広」 に聞こえて仕方なかった…都合よく、両方北海道。 そういえば、スペイン語でも私が聞いて、「ぷっ!」 となった言葉があったような気がしたけど、なんだろ? 思い出したら書こう。
[PR]
by green_banana | 2006-09-28 22:10 | 珍日本語録

旧姓は

しょっちゅう一緒にいる私の友達。 彼女の旧姓は 「いしかわ」


そして日本も夫婦別姓だと思っていたマルタに

「…だから、彼女の今の苗字は○○だよ。」

というと、

「ふ~ん、そうかぁ。 前の苗字はナンだったっけ…え~っと…


ひらがな???



オラ、25年間日本で生きてきて、そんな苗字聞いたことたぁねぇだ。
本当に天然なのかなぁ(-_-;) 狙って言ってるんじゃないかなぁ(-_-;)(-_-;)

もちろん涙が出るほど笑ったことは間違いありません。
[PR]
by green_banana | 2006-09-21 22:51 | 珍日本語録
プラド美術館展、大阪で7月から始まって、まだまだ開催中ですよね。 そのCMも8月は実によく見ました。 そのキャッチフレーズ(?)は、


「スペインの誇り、巨匠たちの殿堂」


コレを聞いたマルタが一言私に質問。

「ん? Museo del Prado...Dust of Spain???

(プラド美術館だ…スペインの
???)」







え!?






一瞬何のことか分からんかった!!


「ちがう。 字が違う。」

と日本人を誤解されないように訂正。

同音異義語。 恐るべし。
[PR]
by green_banana | 2006-09-07 22:03 | 珍日本語録