コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

カテゴリ:動物たち( 13 )

Mr. Perfect!

ミスターパーフェクト

といっても、アーネストホーストじゃないよ。


ぼくです。
d0036142_5584296.jpg



先週、こはるの定期健診へ行きました。

定期健診では、フンのチェック、羽根のチェック、体重測定、
生活習慣チェックなどをするのですが、診断結果がタイトルの通り

問題無しの健康体

と太鼓判をいただきました。いぇーい!

フンには寄生虫も、バクテリアも異物も混じってなくてキレイ。
羽根も自分で抜いたりしていないし、換毛期の現在、
新しく生えてきている羽根にも異常なし。
体重も50g(笑)前後で、標準。
エサはペレットなので、栄養バランスは問題なし。おやつは果物。

そして、一番笑えたのが、

「飼い鳥で、ここまで筋肉がしっかり発達してる子も
珍しいわ」


と言われました(笑) もちろん、いいことなんですけどね。
こはるの体格は野生に近いそうです(爆)
ま、鳥かごにいるのは、家に誰もいないときと寝るときだけで、
ほとんど放し飼いみたいなモンなので、運動量はバッチリなんだろうと思います。

で、実は去年の第1回健康診断では,はっきりしていなかったこはるの性別。
一度記事にもした、こはるの性別。
今回、こはるのカルテの性別欄を埋めることができました。

こはるは


オスです。


別に高い料金を払って遺伝子検査などをしたわけではなく、簡単にわかりました。こはるが総排泄腔をスリスリしたあとに、証拠が残ってたんです(笑)
一滴にも満たないような水滴が(爆)


というわけで、次の健康診断は来年の5月。
ちゃんとそれまで今の健康を維持していけますように^^

d0036142_13545346.jpg

Llamadme Sr. Perfecto! ミスターパーフェクトと呼んでくれぃ!
[PR]
by green_banana | 2008-06-05 06:31 | 動物たち
永遠の第3位

はて、なんのこっちゃ。

家庭で飼っている動物ランキングの話です。

近年犬や猫の他にも、ハムスターやフェレット、爬虫類から昆虫にいたるまで、いろんな生き物と生活をしている人が増えてますよね。
そんな中でも、やはり不動の1位は犬であり、2位は猫だそうです。
そして、犬、猫に大きく差をつけられながらも、
不動の第3位として頑張っているのがなんだとか。

多分、「昔、家にいたよ~、鳥。」って人は、かなりいると思うんですよね。ね?
うちにもセキセイインコがいました。3羽くらいいて、かなり長生きしたヤツもいたんですけど、実はあまり覚えていません。

鳥がいたのは小2くらいの時までなので、年齢のせいもあるかもしれませんが、
やっぱり「触れ合った記憶がない」というのが一番大きいと思います。

そう。
鳥がいつまでも第3位にいる理由は、2位に大きく差をつけられている理由は、
そこにあるんじゃないかと思うんです。やっぱり触れ合いたいという理由で
動物を飼う人が多いと思うので、慣れるまで時間のかかる鳥には、
なかなか目が行かないんじゃないでしょうか。

でもね。

鳥も犬や猫と同じように慣れてくれるんですよ。
好奇心旺盛だし、「おいで」って言ったらついてくるし、
「なでて、なでて~」って甘えてくるし。
なつきかたは種類によると思いますが、とにかくかわいいんです。
一度ベタ慣れになった鳥を飼うと、絶対病みつきになります。

私はそうです。

ちなみに、鳥は水浴びをします。
そして、鳥好きな人たちの間では、
「この水浴び後の鳥の臭いがたまらん」
という人がいます。私もその一人です。
水浴び後のこはるの後ろ頭に鼻をつっこんでスーハーしてます。

水浴び後はこんなんになります。(これはまだ子供の頃の写真ですが)

d0036142_3262796.jpg


で、どんな臭いがするかというと、


まさに、



雨の日のブレザーの臭い



です。学校の制服がブレザーだった人、分かるでしょ?
セーラー服しか着たことがない人、
もしくはずっと私服だった人、周りの人に聞いてみてください。

普段のこはるはこんなのです。パソコンの上からこんにちは。

d0036142_3415294.jpg
 犬にゃ興味ないよ。

d0036142_3423360.jpg
 メロンのタネおいしぃいぃ~☆

d0036142_3432076.jpg
 ども。手巻きこはるです。

d0036142_3441771.jpg
 そろそろ眠くなりました。

d0036142_3445353.jpg
 じゃ、パソコンの上ですけど、おやすみなさい。

d0036142_3454091.jpg
 

というわけで、鳥がかわいくて仕方がない今日この頃なので、
こはるだらけの記事にしてみました。 
[PR]
by green_banana | 2008-05-22 05:49 | 動物たち

こはるの雌雄

こはるが我が家に来た時、彼女が入っていた箱に「Toch hembra」(トッチ メス)と書かれていたのでメスだと信じてこの名前をつけました。

がしか~し。
最近、こはるはオスなんじゃないか、という疑問がわいてきました。

いろんな本やHPによると、コザクラインコの雌雄を見た目で判断するのは不可能に近いそう。 オスとメスでは多少行動に違いがあるらしく、それを参考に性別を見ることもできるようなのですが、ここで注釈。
参考はあくまで参考、目安。 オスのような行動をメスが取ることもよくあることなので、100%ではありません。

オスによく見られる行動

● いろんなバリエーションの声で呼び鳴きをする。←こはる◎
● ティッシュやその他おもちゃなどに総排泄腔をすりつける(笑)。←こはる◎
● カタカタと求愛の泣き声を出す。←こはる◎
● 餌を戻す。←こはる△(首を上下に振って戻すんだけど、完全に吐かない)
● 紙を切るのがヘタ。←こはる◎


メスの特徴

● 頭部が平べったい。←こはる◎
● おしりを上げ交尾姿勢を取る。←こはる×
● 器用に細長く裂いた紙を羽に差す。←こはる×
● 気性が荒い。←こはる△

こうしてみると、「オスじゃないか!!」と思うんですが、最初にメスだと思い込んでいたから、「あくまで目安だし」と思うと、なかなか修正もできません。

確実に知りたければ、遺伝子チェックをしてもらえとのこと。
まぁ、カップリングするつもりはないので別にオスでもメスでもいいんですけどね。
[PR]
by green_banana | 2007-09-19 05:20 | 動物たち

気になる...

何が気になるのかといえば、鳥なんです。
近い将来、絶対飼いたい鳥。
それはヨウム。 こんな鳥。
「え?いきなりなんで?」と思った方。 そうでもないんです。


こはるがウチにやってきて2週間ほど経った頃、ペットショップに行きました。 その時「Gat(ネコと書かれたでっかいガラスのケージの中に入っていたのが、地味で目つきの鋭いこのヨウム。
「なんでやねん!」としか言いようがないこの光景が、目にやきついて、はなれませんでした...


それ以来、このヨウムが気になって仕方がない。 別の日にそのペットショップへ行ってみるとそのヨウムが、今度はちゃんとしたケージに入れられており、「No se vende(非売品)」と書かれていました。 どうやら店員さんの飼い鳥だったもよう。
ちなみにスペイン語では Loro gris


そしてすいぶん経ってから、またそのペットショップに足を運んでみると、今度はきれいなきれいなルリコンゴウインコの赤ちゃんが!!!
ルリコンゴウインコ。スペイン語ではGuacamayo


その美しさに人目ぼれをしたわけですが、いろいろ検索した結果、飼うのは不可能ではないけれど...どうしよう...とヨウムとの二択を迫られました。 両方買っている方も多いようなのですが、ウチにはこはるもいるし、しっかり可愛がってあげようと思うと、もう1羽でいっぱいいっぱいだろうと思うんです。 金銭的にも難しい。


そしてついに、先日、いろいろ質問しようと思い、
そのペットショップを再び訪ねました。
すると! ヨウムの赤ちゃんもいたんです!!
触らせてもらうこともできたので、まずルリコンゴウちゃんから。
まだ赤ちゃんで、挿し絵で育てられているため、ベタなれ。
甘える姿がかわいいのなんの!!

そしてヨウム。
お腹が空いていたのか、私の指をくわえて離さない!


どっちも本当に可愛くてたまらなかったのですが、直接触ると、理由もなく「絶対ヨウム!!」と、気持ちが完全に決まってしまいました。
見た目は地味なんですけどね~。 なぜかその地味さに引かれたというか、渋くてステキというか何というか。

とにかく、2年以内にお迎えできるように、今からいろいろ準備をしようと思います!
[PR]
by green_banana | 2007-09-16 14:20 | 動物たち

いたたた!!

鳥は、何かをよじ登る時、あの大きな足とくちばしで体を支えます。
例に漏れず、ウチのこはるも。 冬は長袖を着ていたから気にならなかったけど、薄着になると、こはるのくちばしの痛いこと、痛いこと!

そしてこの前、事件発生。

こはるは、人が掛けているメガネで遊ぶのが大好き。私のメガネで遊んでいたこはるが落っこちそうになり、足はメガネの縁を必死でつかみ、体を支えるためのくちばしで、私の...
まぶたを思いっきり噛んでくれました><

ちなみに、こはるのくちばしはこんなの
d0036142_23464151.jpg

d0036142_23465651.jpg



これには痛さで思わず手が出そうになった><
以前、足の親指のツメと肉の間を噛まれ、流血した時でさえも、
「いったぁ~~!!!こらぁ!!!」ですんだのに、今回はそれをはるかに超える痛みでした。「痛ぃたぃたぃたぃ!!!」がエコーした、マジで。 「このバカ!!」と言ってしまった...猛反省...

この痛さがこはるのせいじゃなく、他人のせいだったら「バカ」じゃなくて「ダボが!!」って言いながら手が出てるハズ。

噛んだら注意するようにはしてるんだけど、やっぱり0にするのは難しい...。ま、習性だからねー。


P.S. そいうえば、「ダボ」って関西以外の人にはピンとこないって聞いたことあるけど、本当かな?
[PR]
by green_banana | 2007-07-17 23:38 | 動物たち

連想

こはると遊んでいると、いつも、小さい頃の姪と重なる...
まだ前歯が2本しか生え てなくて、はいはいしてた頃の姪。


ナゼ??
[PR]
by green_banana | 2007-07-08 03:03 | 動物たち

柴犬探してます

何を隠そう、私は大の柴犬好き。 あの賢そうな顔、涼しげな目、凛々しく立った耳、愛らしくカールしたしっぽ。 どこをとっても、あぁ、柴犬!(何のこっちゃ)

昔、実家で飼っていたのは、豆柴サイズの白柴。 実家で飼ったことのある犬はその子だけなのですが、親戚が柴犬のブリーダーをしているため、昔から柴犬は一番身近な犬でした。



なのに!!



こっちには

柴犬が

いない!!



いや、飼ってる人はどこかにいるんだろうけど...



スペインでは見たことないし、イギリスでは一度、秋田犬を見ただけ。


どうもヨーロッパでは、ある程度大きな犬の方が人気があるようなので、犬の本を見ても、秋田犬は紹介されているのに、柴犬はない場合が多々。 というわけで、苦労しました。 何に?
柴犬のブリーダーさん in スペイン を探すのに!!


スペインに柴犬のブリーダーさんは3軒しかありませんでしたが、幸いにも Lleida という、バルセロナから車で行ける町に1件ヒット! 他は飛行機じゃないと行けない街でした。 しかも、他の2軒は、秋田犬に力をいれていて、そのついでに柴犬もやっている、という感じ。

Lleidaのブリーダーさんにメールで問い合わせたところ、


「小犬は常時いるわけではありませんが、施設や親犬を見に来るのは大歓迎です」


というような、花マルの模範解答のような返事が返ってきました。
大切な小犬の料金は700ユーロ~800ユーロとのこと。 日本とそんなに変わらない。(激安をウリにしたペットショップは除く。)

てなわけで、8月に見学に行ってきます! 早ければ来年夏にもお迎えできるかも!!
[PR]
by green_banana | 2007-07-05 01:48 | 動物たち

精神年齢

ウチには、わりとたくさんの動物がいます。 つがいのセキセイインコ(最近メスが死んじゃったけど:涙) 黒ラブのベルサ、そして愛しのコザクラインコ、こはる。

このベルサとこはるは、仲がいいのか悪いのか。 どうもベルサの片思いっぽい (笑)こはるは、時々ベルサの鼻目掛けてアタックするスリルを楽しんでいる模様。

セキセイインコは外でつがいで飼っていたため、全く人には馴れていませんが、ベルサとこはるは、とにかく人懐っこい。


しか~し。


こはるは一度カゴから出すと、ひたすら遊びたがります。 人の邪魔をするのが大好きで、紙は破る、(宿題のプリントや、本のページは穴だらけ)ペンをかじる、歯ブラシもかじる、服の金具もかじり、めがねの縁もかじる。

一方のベルサも遊びは大好きだけど、かなり空気を読んでくれる。 こっちにその気がないと分かるとあまりしつこく要求しない。

というわけで、ベルサの精神年齢は、人間の8歳~10歳、
こはるは2、3歳と思っています。

ちなみに、セキセイはすでに達観したような落ち着きがあるので、そろそろ還暦を迎える頃かな。。。と(笑) 実年齢はまだ1歳くらいなんですけどね(笑)
[PR]
by green_banana | 2007-06-24 02:35 | 動物たち

狭いトコロが好き

コザクラインコ。


この名前にたどり着くまで、結構苦労しました。 
だって、ダニやエロイには、



「アガポルニだよ。」



とさらっと言われ、大体どんな感じに育つかを説明されただけで、日本語の名前なんて見当も付きませんでした。 ただ、助けてくれたのは、この鳥が持つもう1つの名前。 その名も、



Pajaro del amor

(愛の鳥)




まぁ、素敵。 由来は、選んだパートナーにべったりになるからなんだとか。 というわけで、これを手がかりに、鳥に関するページを検索したどり着いたこの名前。 日本語で、このもう1つの名前、




ラブバード




…何か安っぽくね? もうちょっとセンスのある名前にできなかったのかね…

ま、それはさておき。 今日もこはるは元気です。 だいたい2時間おきにご飯をあげなければならないので、大変といえば大変ですが、可愛さバクハツでそんな苦労なんてふっとんでしまいます(バカ)。


こはるはこんなに成長しました。
d0036142_665025.jpg

前に載せた写真と比べると大きくなっている……のは分かりにくいかな(汗;)

来た頃はただ灰色だったのに、色もこんなに出てきました。
d0036142_68416.jpg

緑が増えて、頭の毛も黄色に近い黄緑の毛が生えてきました。 そして、尻尾の辺りを見てください! これ、とてもキレイな青なんです! オパールのような青!まだ顔の周りの毛は産毛状態で色が分からないんですが、これからどんなコントラストを見せてくれるのか、非っっっ常に待ち遠しいです^^


そして、コザクラインコは狭いトコロが好きらしいと色んなHPに書いてあったので、トイレットペーパーの芯を入れてみました。 するとこの通り

d0036142_6113978.jpg

気に入りすぎて、入ったっきり出てきません(汗:)
どんなに上手に隠れても~、
おしりが♪♪♪~見えてるよ♪
(歌詞忘れた)


寂しいので、反対側から覗いてみました。
d0036142_6123987.jpg

箱の外側からなので、ちょっとわかりにくいかも。 
めちゃめちゃカワイイです(爆)

たま~に、「死んでんじゃね…?」 と不安になることは内緒。

明日もまた、育ってくれていますように!!


スペインに来てそうそう、鳥の子育てするとは思いもしませんでした(笑)
[PR]
by green_banana | 2007-03-11 06:20 | 動物たち

こはる日記

最近は、宿題、こはるの世話、ジム通いで忙しいです(笑)


小春が我が家に来てから1週間、かなり大きくなりました。 そして、最近やっと、こはるは日本語で何と言う名前の鳥なのかが分かりました。 その名も





コザクラインコ





まっ、かわいい名前☆(バカ) ちなみに、スタンダードなコザクラインコは、大きくなるとこうなるそうです。
d0036142_031159.jpg

ペット専門店のKOJIMAのHP参照

他にもいろんなバリエーションがあるらしいのですが、ウチのこはるはスタンダードになりそうな予感です。


そしてウチにはベルサがいます。 ベルサはこはるが気になって仕方ない様子。 最初のうちはみんな、何かあっては困る!! とばかりに必要以上にベルサを遠ざけていたため、彼女はこはるにヤキモチを焼いていました。 ところがある日、ちょっとした好奇心でこはるのおしりを近づけてみると、


ペロ…


とベルサ。 見ていた私とロサが驚いてベルサをほめると、調子に乗って




ベロベロベロ!!フガフガ!




となったので、慌てて引き離したのですが、それ以来ベルサはこはるに興味深々。 隙あらばこはると遊ぼうと試みています。


d0036142_0421995.jpgベルサの鼻先に
こはるがいます。
もし自分がこはるだったら
生きた心地がしないだろうな…






マルの言葉を借りると、ベルサはチキンです(笑) なのでこはるが正面を向いていると、ちょっとビビッています。


d0036142_0444336.jpgこはると(で?)遊びたくて
仕方ないベルサ。
オレンジの箱の中に
こはるがいます。







こはるはただいま、生後2週間ぐらいかと思いますが、どの位すれば毛が生え揃うんでしょうかね?? 楽しみです。 今は毎日目に見えて成長しているので、「今日はドコが変わったかな?」 と観察するのが毎朝の楽しみになりました。 


朝、休みの日まで早起きしなきゃならんけれども…(爆)
[PR]
by green_banana | 2007-03-10 00:53 | 動物たち