コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

カテゴリ:イギリス( 6 )

服の縁

今日は、彼の両親と4人でプレミアにあるピザ屋さんへ。 ここのオーナーはユーゴ出身で、スペイン滞在暦14年。 私もスペインに14年住めば、彼みたいに話せるようになるかな? と、くだらないギモンを彼に投げかけてみる。

このピッツェリアは他のサイドメニューも絶品で、味も品揃えもレストラン並み。 プレミアには地元の良店的なレストランがたくさんあるんですよね。 でもって、ビセンスとロサはそういう店をたくさん知ってる。

食事の後は6時から、友達とバスケ。 私はジャージをもって行っていなかったため、ジーンズでプレイ。 マークしていて、大きく横に1歩踏み出した瞬間、


びりっ!!


えっ!? と思い、自分の股下を見て見ると、ジーンズの股から10cmほど下の部分が大きく破れている><

みんな爆笑!! 私は恥ずかしいし…

買ってもらったコートは破るし、スーツケースごと冬服をなくすし…私はヨーロッパではとことん服に縁がないらしい…
[PR]
by green_banana | 2006-04-17 00:56 | イギリス

感じ悪い。

金曜日から、また3日間スペインへ行っていました。 普段はガトウィックかスタンステッドを利用するのですが、今回はルートン空港から。 

何でまたそんな不便な空港から??? と皆に聞かれたのですが、答えは簡単。 この空港だけが、なぜか格安だったから。

これで、ロンドンにある5つの空港の内、シティ空港以外を制覇したことになります。 シティ空港は、基本的にビジネスマンのために作られた空港だそうで、私には縁がないかな~と思っていたのですが、案の定、縁はありませんでした。 

次回、4月のセマナサンタにあわせたスペインホリデーは、スタンステッドからだし、5月の帰国直前にスペインに向かうときはガトウィックから。 

ということで、このルートンも最初で最後の利用ということになります。 まぁ、個人的にルートン空港は何となく好きになれない空港、と言う感想を持ったので、コレでよかったと思います。

ルートン空港は格安空港会社や、チャーター便が多く発着している空港で、空港自体の大きさもスタンステッドと同じくらいか、やや小さいかといったところ。(←目測) 

ただ、入っている店舗数が格段に少なく、職員さんもあまり愛想が良くない。(気がした) で、コーチの乗り換えもビクトリアコーチステーションから別の乗り場にあり、やや不便。

そうそう!! この乗り換えに関して、ビクトリアステーションのインフォメーションにいた女性職員に物申す!!!! 

ルートン空港に行くには、グリーンラインというバスに乗らねばならず、その乗り場が分からなかったため、インフォメーションにいた女の人に聞いたんですよ。


私:「すみません、ルートン行きのバス乗り場はどこですか?」

職員:
「Building on the left.」


「は?それだけ?」 と思ったのですが、取り合えず駅を出て、「左のビル」 を探す。 だけど、その出口から出るとそこはコーナーになっていて、どの方角をさして 「左のビル」 と言っているのかが分からない。 

私の感覚では、歩道をはさんで左側のビルかな? と思ったのですが、明らかにそれはバス乗り場要のビルじゃないし、自分が超方向音痴を自覚しているため、自信がなかったので、恥を忍んでもう一度確認。 

もう1度インフォメーションに並んでいる間、その職員の対応を見ていたのですが、やっぱり感じ悪い。 そして後ろにいた、たぶん同い年ぐらいであろう可愛い顔の男の子が、風で飛ばされた私の帽子を拾ってくれました…

そして自分の番が来たので、もう1度同じ質問。 
そして同じ答えが帰ってきたので、


私:「道を渡った左側ですか?」

職員:「Yes. Building
just on the left.」


とややイライラした口調でため息混じりに、また同じ答え。 私もかなりカッチ~~ンときました。

私はあなたの英語が分からないわけじゃないの!
あなたの意味しているビルが分からないの!!! 
左側に建物いっぱいあるでしょ!!! どれよ!!?
 
と言いたい気持ちを抑え、


私:「茶色のビル?」

職員:「ガラス張りのビルよ。」

私:「ガラス張りのビルって?」

職員:「左に2階がガラス張りになってるビルがあるでしょ!」



「何こいつ?」 と思いながら2階がガラス張りになっているビルを見る。 それはビクトリアステーションから対角線上にあるビルでした…さっき 「Building JUST on the left.」 って言わなかったっけ? あの女。 

そして、そのビルの建物内にいくつかのバスセクションがあったため、どこが乗り場なのかが分からず、建物内をウロウロしていると、男の子に呼び止められました。 「あれ? また何か落としたか?」 と思い振り返ると、さっき帽子を拾ってくれた男の子でした。


男の子:「ルートン行きのバス、探してます?」

私:「はい、そうですけど?」

男の子:「実は僕もなんですよ。」

私:「あぁ、そうなんですか? 良かった。 
   だけど、バス停がどこのなのか分からなくて…」

男の子:「僕もそうなんです。 
      インフォメーションで、あなたもバス停を探してるから、
      付いていけば分かるって言われたんだけど…」

私:「(あの女、ふざけんなよ…(心の声)) 私も、
『左のビル』 って言われただけなんで、このビルのどこなのかが分かんなくって。」

男の子:「だよねぇ。 ちょっと僕が聞いてみるよ。」



と言って、そのビルの職員さんらしき人に尋ねてくれたので、無事にバス乗り場に到着することができました。 バス乗り場は実際、ビルの前の通りにあり、私に対しても、その男の子に対しても、インフォメーションの女の説明がいかに不親切だったかが判明 (明らかだけど)。 

私とその男の子が予約していたバスは別の時間帯のバスだったため、「空港で会うかもね」 といって分かれたのですが、空港で会うことはありませんでした(笑)

ていうか、
インフォメーションの女。 お前マジで感じ悪いぞ。
インフォメーションに来るんなんか、ほとんどが土地勘のない人間ちゃうんかい。 
もうちょっとマシな説明できんのか? 
そこまで考えられへんほど、お前の頭は弱いんか? 
ちょっと社会人として、もう1回自分を見つめてみろ、バカヤロー!!


である。 私は基本的にコーチの職員さんに対していい印象を持っています。 だけど、コイツは嫌い!! と言う人が3人いて、1人はこのインフォメーションの女。 2人目はカンタベリーのコーチステーションで働いている、黒髪の女。 3人目、ビクトリアコーチステーションでコントロールか何かの仕事をしている、デブ女。 

理由は同じ。 感じが悪い、高圧的、などなど。 誰も苦情を言わないからかも知れないし、言ってもイギリスだから、何の対応もないのかもしれない。 

ストレスが溜まる仕事なのは分かるけど、それがイヤなら、仕事、辞めちまえ。 それができんなら、感情を表に出すな。 少なくとも仕事中はね。

これって日本的な考え方なのかもしれないけど、私は間違っているとは思わない。 やたらめったらな笑顔やフレンドリーさはいらないにしても、相手に快適に旅してもらいたいなら、最低限、丁寧さは必要じゃない??? 

1回、日本で生活してみ、目からウロコだよ、きっと。
[PR]
by green_banana | 2006-03-17 23:32 | イギリス

犬イロイロ

土曜日の午前中、図書館に行って、犬ガイド的な本を読んでいました。(この手の本、大好きなんです。) 

で、質問。
皆さん、柴犬についてどう思いますか?

日本犬の代表。 病気にかかりにくい。 手がかからない。 などなど、ペットガイドを見ても、柴犬は飼いやすい犬の代表と言うようなことが書いてあるはずです。

実際、我が家で買っていた犬も柴犬。 ものすごく人懐っこくて、(番犬としては失格だった:汗)独立心も強く、病気も一切せず、パーフェクトな家族の一員でした。

私が柴犬大好きなので、色眼鏡で見ている部分もあるのかもしれませんが、それを差し引いても、飼いやすいというのは本当だと思います。

だけど、土曜日に呼んだイギリスの犬ガイドでは、柴犬を買うにはある程度経験があったほうがよく、犬種も、「雑種」 の類に分類されていました。(アメリカンケンネルとはまた別。)

これには憤慨!! 日本において、守るべき純血種として指定されている柴犬、秋田犬を捕まえて、「雑種」とは何事か!!

これには、「あんまり知らないし、興味がある人も少ないだろうから、適当なところに分類しとけ~。」ってな姿勢をひしひしと感じてしまうのは私だけでしょうか? 被害妄想でしょうか?

そして、要経験、として記されているのは、日本とイギリスにおけるライフスタイルの違い、ペットに求めるものの違いなのかな、と思いました。 

イギリスは、ペットに(悪い言い方をすると)常に甘えていてほしい、というか、常に親愛の情を示してほしいから、手がかからない、独立心の強い犬というのは、少し物足りないのかな…と考えて見たり。

まぁそれはいいとして、「雑種」は許せない!! コレにはこの場を借りて、猛烈に抗議しておきます。 柴犬はれっきとした、日本固有の

純血種

家族を守る気持ちも強く、どこまでも表情豊かで、だけど辛抱強い素晴らしい犬種!! 「雑種」だなんて、言わせないぞ!!
[PR]
by green_banana | 2006-03-15 02:01 | イギリス

ブリティッシュガールズ

先週の金曜日の夜は、パブクロール。

パブ自体はすごく楽しかったのですが、そこに居合わせたイギリス女(ごめんなさい)たちがめ~~~っちゃうざかった。

無意味にシャウト。 ちょっと男前を見ただけでシャウト(指差して。ちなみに私たちのグループにいた子)。 モニカ(スペイン人)に向かって、「私のおじいちゃん、スペインから来たのよね!! どこだったっけ !!? そうそう!! モロッコ!!!!」  てかモロッコはモロッコやし…モニカが半分キレていた…

このグループにいた女の子たちだけが特別だったわけじゃなく、割とイギリス人の女の子の中には、こういうバカ女の割合が高い。 クラスメートのスー(毒舌家)はイギリス人の女の子はみんなBixxchだと言い張る。 確かに、みんな「dress up」 というより、「tart up」 といった方がしっくり来る。

ロンドンに行くと、こういう女の子の割合はまだ減るものの、全体的に「tart up」な感は否めない…誰だよ。 イギリスはマナーの国だって言ったの…

少なくともパブでは、マナーのかけらも見受けられません…
[PR]
by green_banana | 2006-03-14 01:50 | イギリス

冬休み!!

さて今日から冬休み!!

去年から予定していた通り、私はスペインへ!
昨日は遅くまで飲んで、帰ってきたのは12時前でしかも何の用意もしていなかったため、今日は朝5時に起きて荷造り。 「何で!?」 というくらいの大荷物になり、マークに手伝ってもらって何とかコーチステーションへ。

いつもはガラガラのコーチが今日は大きなスーツケースを持った人でいっぱい。 荷物を預けて、席で待っていると、ドライバーさんが入ってきてこう言った。

「Do you know who you are!?

Which
IDIOT put a big suit case in the

universal box!? It's overweight!

Over 20kg aren't allowed!! It's 45KG!!

Watch out ^%@%^... ah.」


(自分の立場が分かってるのか? ユニバーサルボックスに、でかいスーツケースを入れたのはどのバカだ。 許可されてるのは20キロまでなのに、45キロもあったぞ! 気をつけろよ、ぶつぶつ。。。ったく)

という感じでしょうか。。。きまりを守らなかった人が悪いとして、それでも乗客に向かってその口の利き方はないでしょう。 大体ユニバーサルボックスって何??? 私がわからないだけかと思ったけれど、そうでもなさそう。 周りのネイティブらしき人たちも、ユニバーサルボックスって何??と言い合っているし。

そしてこのドライバー、本当に態度が悪い。 停留所に溜まる度に、ここで降りる人がいないか尋ねるのですが、その後に必ず、

「僕を降ろしてくださ~い。」

とか

「俺もここで降りてぇなぁ。」

とか、マイクを通していうのです。
大抵コーチの運転手さんは愛想のいい人が多い(あくまで私の感想)のですが、こんな人は初めて見ました。

この態度の悪い運転手とはビクトリアコーチステーションでおさらばして、ガトウィック行のバスに乗り換え。 ここで、私の荷物はこびを手伝ってくれた、コーチステーションの職員さんに、ユニバーサルボックスについて尋ねるも、彼にも分からず、

「多分、荷物入れのことを差して言ったんじゃないかな。 なんでも入る箱。。。みたいな」

とのこと。 あぁ。 皮肉っていったのね。 ととりあえず納得して、バスを待っていると、偶然、私の学校と同系列のカレッジに通っている台湾人のジャックにでくわした。 ジャックは学食で仲良くなったキャンティーン仲間。 そして彼にさっきのバスドライバーの話をすると彼もびっくりしていた。 彼はヒースロー空港に両親を向かえに行くところでした。

バスに乗って空港につくとと、今度はロビーで爽やか男前ティーチャーのスティーブに出くわす! ものすごい偶然。 彼は彼女と一緒に2週間インドに行くところだったそうです。 そして、迷わずシェリーにメール。

今回は珍しく、easyjetが時間より10分早くバルセロナにつきました! だけど、パイロットの運転が下手で、急降下するわ、急ブレーキをかけるわ。。。おかげで、隣の席の人と話がはずみました。

朝10時に家をでで、空港に着いたのが、夜の9時。 本当にイギリスとバルセロナは近いんだろうか。。。なんて。コーチの時間がかかるからしかたないですよね。

とりあえず、今日から2週間、私はバルセロナです。
[PR]
by green_banana | 2005-12-17 20:41 | イギリス

お風呂

海外でのお風呂やホテルなどでのお風呂は使いにくいと思いませんか?(ユニットバスっちゅうやつですか?) 私は今まで何度か海外旅行に行き、知り合い宅に泊めてもらったりもしましたが、全く慣れる気配がありません。 特にイギリスでは水道の環境が良くないと聞くし、お湯もタンクに溜めたお湯を使う方式が多いと聞いているので、とても不安です。

しかも、私はお風呂が長い。 シャワーだけでも平気なのですが、それでも1時間くらいはかかります。 多分、クレンジング&洗顔、歯磨きにかかる時間が長いような...。 まぁ、これはお風呂に入る前に済ませてしまうとして、髪を洗うのにもかなり大量のお湯を使ってしまうし、時間もかける。 だって少ないお湯+シャンプーだと髪の毛痛んじゃいそうで、ましてヨーロッパの水質だしさ~...

ってなワケで、友達の家でもなるべく早く入るように心がけていたのですが、どうしても20分はかかってしまっていました。(しかも暖まれない...寒) こんなんで、イギリスのお風呂は大丈夫なんだろうか。 それよりもちゃんと夜にシャワーを使わせてもらえるんだろうか。 寝る前にシャワーを浴びないと眠れないんだよなぁ。 まぁ、だめだったら仕方ないから我慢するけどね。
不安..(汗)
[PR]
by green_banana | 2005-06-18 14:15 | イギリス