コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

姉さん、事件です。

うちの学校は平和です。 そんな平和な学校に先日事件がおきました。

授業中に、スタッフのニッキーが入ってきてこう言いました。
「すごく嫌な話なんだけど、大切なことだからよく聞いてね。 実は先週、誰かのあるものが盗まれたの。 この話、もう知ってる人いる?」

うちのクラスはケンブリッジ検定対策のクラスで、そのとき出席していたのはコリアンX3、日本人X2、メキシカンX1。 誰もそんな事件があったなんて知らなかった。ニッキーその後、注意喚起をして別の教室へ。

うちの担任のボニーがクラスに聞いた。
「誰かこの話知ってる人いた?」

するとメキシカンの女の子がうなずいて、
「残念だけど、実は全部知ってるの。 盗まれた子も、犯人も。」
彼女の名前はアンドレア。

アンドレアは私と一緒の日にきた子で、私とも仲がいいし、ほかのスペイン語圏の子たちのまとめ役のようなポジションでもあるよい子。 

そしてボニーが、彼女にこうお願いしました。
「防犯のためだから、かいつまんでみんなに話してくれる?」

アンドレアによると、盗まれた子は彼女と仲良しの女の子。 そして悲しいことに犯人も同じグループの女の子。 つまりスパニッシュスピーカー。 そして盗まれたものはクレジットカードのみ。 結構入ってた現金は無事。

全員の名前は伏せて話してたんだけど、途中でこんがらがって、余分な情報を入れすぎたせいで、クラスにいた全員が犯人と盗まれた女の子の検討がついてしまったのです。 

>自分たちと仲良し(=スペイン語圏)
>彼女は仕事をもっている
>入るはずの給料がまだ入っていない
>いつもお金がない

ここまで言って、ボニーがストップに入ったのですが、
お分かりでしょうか…犯人は以前から書いている、りえのルームメイト、ディアナだったのです。

確かにそれ以来、スパニッシュ女の子グループの中から、ディアナだけきれいに蚊帳の外。 いつもみんなにやさしいコロンビアン、フェリペと一緒にいます。 フェリペは大人だから、ディアナがしたことを知っていて一緒にいる。 

私も避けることはしていないけれど、やっぱり深い付き合いは避けてしまっている。 根が悪い人じゃないのはわかっているはずなのに。 やっぱりまだまだ、懐深い大人にはなりきれていない自分を発見した日…
[PR]
by green_banana | 2005-10-13 01:04 | イギリス滞在記

その後のルームメイツ

その後、ディアナの素行に耐えていたりえだけれど、周りが 「それはよくない!家をかわるべきだ」 とはやし立てたせいで、学校のスタッフに話をしたのです。 
結果はというと、「それはルームメイトの問題だから、家を変えるのはちょっと待って。私がディアナと話をしてみるわ。」 と言われて終わったのです。

私たちの心配は、そのせいで2人の仲が悪くなってしまわないかと言うこと。 
その直後、スタッフのアンが、ディアナと話をしているのを目撃。
けれどその日、家に帰っても特にディアナに変わった様子はなく、いつも通りだったらしくて安心していたのですが、次の日、2人がホストマザーに呼び出され、ディアナが説教されたそう。 そのマザーの言い分は、「あなたが朝早く出ていくせいで、りえも私も起こされて迷惑なのよ。これからはどんどん朝も暗くなるし、女の子が一人で新聞配達なんて危険で仕方ないわ。 あなたの両親のことを思うと、あなたの仕事を続けさせるわけにはいかないのよ。 それにりえがここを出て行くと、

私は大金をアコモデーションオフィスにかえさなきゃいけないのよ! もう新しいテレビかっちゃたんだから!」 とのこと。 

理由の前半はものすごく納得できるんだけど、最後の理由がなんだかなぁ…です。 結局それかい、みたいな…滞在費用は全部、オフィスから先払いのシステムのようなのです。 前に書いたことと重複しますが、このときディアナは 「今月いっぱい働かないと給料がもらえないから、今月いっぱいはやめられない」 と主張。 そしてこの時、給料が出るまでと言うことで一件落着。

その後2人はやや気まずくなって、りえが悩んでいた。 
りえとしては朝静かに出て行ってくれればそれだけで良く、仕事をやめて欲しいとまでは思っていなかったし、むしろ続けてくれ、くらいに思っていた。 
そして次の朝、ディアナはものすごく静かに部屋を出て行ってくれたらしい…りえはどっちみち目が覚めたらしいけど…
にもかかわらず、ホストマザーがりえのことを口実にやめさせようとしているので、グチグチ言われているディアナが可愛そう…そこでりえは 「今朝はすごく静かだったから、良く寝られたわ。 ありがとう。」 というと、ディアナは満面の笑顔で 「そう? よかった。 ごめんね。」 と返してくれて、それ以来わだかまりもなくなったのです。

やっぱり 「ありがとう」 の威力ってすごいんだなぁ。 と実感です。
[PR]
by green_banana | 2005-10-11 00:04 | イギリス滞在記

同居人は

友達りえ。 彼女は問題を抱えている。 
その問題とは、ルームメイトディアナと合わないこと。
それだけなら別に何の問題もないのですが、ディアナは確かに問題多き女の子なのです。 彼女は早朝のバイトをしていて、そのことでホストファミリーとももめているらしく、ファミリー側は彼女に仕事をやめて欲しいようなのですが、
彼女としてはお金がないのでやめたくない。 とりあえず、せめて今月の給料が入るまで、ということで話はまとまったようですが、いかんせん彼女は周りのことを考えない性格なので、朝出て行くとき、バタバタうるさい、ドアはあけっぱ。 
しかも朝が早いということは、夜寝るのも早い早い。 
なので8時にはすでに部屋の電気が消されているらしく、友人りえは勉強ができないと嘆いているのです。 リビングルームはキャンドルしかないので勉強するのは無理だそう…

だけど、このディアナ。 確かに周りに気を使えない性格だけど、寂しがり屋なのに、自分から友達をつくるのが苦手なタイプ。 そして、周りのみんなのように英語が上手く話せないのです。(私も人のことは言えないけど 汗;) 加えて、基本的には素直な性格。 

確かに友人りえ の状況は大変だなぁ…と思うけど、彼女もなんだかんだ言いながら、ディアナの行動に耐えているし、なんとなくディアナに対しても、家族と電話しながら泣いているのを見たりすると、ほかの人以上に英語に対するストレスもあるんだろうなぁなんて思えて、一概に悪いとは言えない私なのです。

私は1人部屋なので…同居人がいたら面倒なんだろうな…
[PR]
by green_banana | 2005-10-08 00:03 | イギリス滞在記

箇条書き

え~、インターネットに接続できる時間がものすごく限られているので、すっかり更新が滞ってしまっている今日この頃です。 今日も例によって時間がないので最近の出来事を箇条書きにしていきたいと思います!!




 1. 今年の冬はものすごく寒くなりそうだと聞かされてビビる。

 2. 友達がピアス穴を開けたのを見て、その場の勢いで私も開けた。

 3. 耳たぶがカサカサになった。

 4. ボンドストリートにて生まれて初めてのブランド品を購入。

 5. お金がすでにピンチなので節約を決意。

 6. 相変わらず耳たぶがカサカサなので、塗り薬を購入。

 7. 11月にまたスペインに行くための航空券を予約。

すっかりバルセロナが気に入り、しょっちゅう行ってます。
おかげで学校での私の友達もスペイン語圏の友達ばっかり。 
メキシカン、コロンビアン、スパニッシュ…。 Hola。

現在、ネイティブの友達を作ろうとみんなで考えていて、私は近所の空手教室に見学に行く予定です。 後は来週からみんなで、ジムにも通います。

現在12月のケンブリッジ検定FCEのための勉強中だからいっぱいいっぱいで、
ヘルペスができそうです。 
だけど、落ちたら恥ずかしいので頑張りますよ~!!
[PR]
by green_banana | 2005-10-06 00:33 | イギリス滞在記