コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

明日から。

明日からしばらく更新できませんが、今日の夜は、友達アグゥスの誘いでディスコテカ。
そしてクリスマスの後は26日から30日までローマに旅行に行ってきます。

2005年は、私のどうでもいい話を読んで下さって本当にありがとうございます。

素敵なクリスマスと、新年をお過ごしください。

ではでは、

☆2006年もよろしくお願いします☆
[PR]
by green_banana | 2005-12-23 00:47 | スペイン

愛しの...

今日もランチの後、一人でバルセロナをうろうろ。

最近は山側の通りばかりを散策していたので、今日はランブラス通りに行くことに。 相変わらず、鳥やハムスターなんかが売られているのですが、実は私、この青空ペットショップが大好き。

今日はなんと、私の大好きな 「ハリモグラ」 が売られているのを発見してしまいました!! 私はなぜかハリモグラが大好き。 イギリスでも野生のハリモグラを見つけるたびに、メモリーいっぱいのムービーを撮っているので、私のPCには同じようなハリモグラのムービーがたくさん。

そして、今日こんな風にハリモグラが売られていることにびっくりしたのと、スペインでハリモグラが見られた嬉しさで、その店の前に20分ほど立ち尽くしていました。 すると、2人組みのおじちゃんが、

「Te gusta?(好きなのかい?)」

と話し掛けてくれました。 が、一回では聞き取れず(爆) もう一度繰り返してもらいました。 だって不意打ちだったんだもの...

今日新しく得た語彙。 それは、

「ELIZO」

いわずもがな、「ハリモグラ」です。 果たして、使うことがあるんだろうか...

と、こんな感じで、とにかく一人でウロウロすると、たくさん言葉は覚えられます。 いい勉強法です。
[PR]
by green_banana | 2005-12-22 00:30 | スペイン

M in Barcelona

今日は、昼食の後 El corte ingles の前でマルタと待ち合わせて買い物へ。 彼女もクリスマスホリデー中は、バルセロナに帰ってきているのです。 彼女と買い物に行くといつも散々歩かされるので、今日も気合いを入れてスニーカーをはいてきたのですが、その私の選択は正解でした! 広いバルセロナを歩く歩く! だけど、私一人だと見つけられないようなかわいいお店をたくさん教えてくれました。

そして、途中で、彼女がイギリスに来る前に英語を教えてもらっていたイギリス人の先生に偶然出会ったのですが、この彼の服装や容姿、仕種がどうもおかまっぽい。 たぶん普通の人だとは思うのですが、なんとなく、ニヤニヤしてしまいました(気持ち悪...)

散々歩いた後は、タパスバーでコーヒーを飲んで解散。 だけど、バルセロナでマルタに合うって何だか変な感じ。 彼女はカンタベリー、というよりイギリスが嫌いなので、(英語のこともあるだろうけど)どんなに笑っていても、やっぱりどこか、ストレスがあるのかな~と分かってしまうのですが、今日の彼女にはそれが全然ない。

本人も言っていたけれど、ここでは誰が何を話していても全部理解できるし(当たり前)、ご飯はおいしいし、天気はいいし、ストレスをまったく感じないとのこと。 彼女は学校は大好きだけれど、イギリスが嫌いなので、「学校ごとバルセロナに移動させたい」 と真剣に言っていた...私は別に構わないけど、多分無理だと思うよ...

今日はなんだか、マルタのいつもと違う一面を見ることができて嬉しい日でした。 だけど、彼女と話していると、少し学校が懐かしくなり、「学校はじまらないかなぁ。」 なんて少し思ってしまいまいた。 始まったら始まったで、また、「スペインに行きたい」 ばっかり言ってるんだろうけど(爆)
[PR]
by green_banana | 2005-12-21 00:11 | スペイン

パンフレットゲット

今日はついに語学学校のパンフレットを2校分手に入れることができました。

語学学校のスタッフさんたちは英語で大丈夫だったので、昨日のようなトラブルを起こすこともなく、目的を達成。 本当は3校分ほしかったのですが、1校はクリスマスホリデーで学校が閉まっていたために、後日郵送でと、お願いしました。

さて、パンフレットを読み込んで分かった結果、スペインの語学学校はイギリスのそれに比べて格段に安い。 半額といってもいいくらい安いです。 ただし、授業時間もほぼ半分ですが。 とりあえず、これからパンフレットを読み込んで検討してみようと思います。

目的を達成した後は、fnacの中にあるカフェでパンフレットを読みながら30分ほど過ごして、Premia de mar へ。 その後、Mataroにあるショッピングモールへ行き、バーゲンのセーター2着をゲットして帰ってきたのでありました。

日本に帰ったら即、ビザ申請ができるように、さっさと、でも慎重に語学学校を決めて、手続きを進めなければ。。。がんばろー!
[PR]
by green_banana | 2005-12-20 21:20 | スペイン

語学学校探し

さて、今日は一人でバルセロナをウロウロしていました。
私の今日の目的は、来年のために語学学校を探してパンフレットを手に入れること。

が、しかし。 私のスペイン語力は0。
このでっかいバルセロナの街も分かるのはランブラスストリートとプラサカタールニャ周辺だけ。 そんな私が地図と 「地球の歩き方 スペイン留学」 に掲載されている住所を便りに学校を探さなければなりません。

まずは、ツーリストインフォメーションに行っきバルセロナの地図をGET。 まずは私の第一希望の学校から探すことに。 バルセロナは道が分かりやすいので、超がつく方向音痴の私でも少し迷っただけですぐに見つけることができました。。。

といいたいところなのですが!! 確かにすぐに住所の場所を見つけることはできたのですが、肝心の学校がない! 本に書かれたその住所は大きなサイクルショップ。 「なんで~~~!?」 と思い、しばらく悩んだ末その場所にいた男性2人に尋ねてみる。

私:「ぺ、ペルドン?」

彼ら:「(暖かく)Que?」

私:「え~。。。(英語)失礼、ここに書かれている住所を探しているんですが、この建物であってますよね? 私の本には、ここは語学学校だって書いてあるんですけど。。。」

彼ら:「(本を見て)ん~、habla frances? (フランス語話せます?)」

私:「あ~、ノー、ペルドン。 あ~、ヨー、ブスカンドー、エスクエラー、イデオマス。。。(ワタシ、コトバ ガッコウ ヲ サガシテ イマスネ)」

彼ら:「oh, vale. vale. (あ、いいよいいよ)」

そして彼らは私の本が2003~2004であることに気づき、

彼ら:「viejo...ah...Old. @%#%&2006. #*^ viejo。 Canbiar mucho. Canbiar. (古い。。。あー、オールドだよ。 もう2006年になるよ《多分》 変化、たくさん。 変化。)」

私:「Change?」

彼ら:「Si. Change.」

私:「あー、OK. グラシアス」

彼ら:「De nada. De nada.」


てな具合。 この会話にどれだけ時間をかけたことか。

そして別の学校を探している時も、通りは見つけたのに、番号が628と630が隣に並んでいるのに、肝心の629が見付からない。 また建物の前でウロウロしていると、きれいなお姉さんが、「^%$# problema?(困りごとですか?《多分》)」 と声をかけてきてくれた。

私:「あ、ペルドン(英語)この住所を探しているんですけど、番号が見付からなくて。。。」

お姉さん:「(英語)あぁ、この番号は反対側です。 (スペイン語)^%$^&&$)* (ジェスチャーによると反対側に渡って、少し向こうに歩けば見つかりますよ。)」

私:「(英語)あ、反対側なんですか。 グラシアース!」

お姉さん:「De nada(笑顔)」


とまぁ、こんな感じで、あっちこっちで小さなトラブルを起こして、やさしい人たちに助けられ、premia de mar に帰って来ました。 そして家でこの話をすると、爆笑で、「でも、スペイン語上達したね!」 と言ってくれた。 ポ、ポジティブ。。。この程度で上達したと言ってもらえる私のスペイン語のレベルって。。。(汗;

結局この日は尋ねた時間が遅すぎてどの学校も閉まっていたため、パンフレットは手に入らず。 明日再度挑戦します。
[PR]
by green_banana | 2005-12-19 20:05 | スペイン

冬休み!!

さて今日から冬休み!!

去年から予定していた通り、私はスペインへ!
昨日は遅くまで飲んで、帰ってきたのは12時前でしかも何の用意もしていなかったため、今日は朝5時に起きて荷造り。 「何で!?」 というくらいの大荷物になり、マークに手伝ってもらって何とかコーチステーションへ。

いつもはガラガラのコーチが今日は大きなスーツケースを持った人でいっぱい。 荷物を預けて、席で待っていると、ドライバーさんが入ってきてこう言った。

「Do you know who you are!?

Which
IDIOT put a big suit case in the

universal box!? It's overweight!

Over 20kg aren't allowed!! It's 45KG!!

Watch out ^%@%^... ah.」


(自分の立場が分かってるのか? ユニバーサルボックスに、でかいスーツケースを入れたのはどのバカだ。 許可されてるのは20キロまでなのに、45キロもあったぞ! 気をつけろよ、ぶつぶつ。。。ったく)

という感じでしょうか。。。きまりを守らなかった人が悪いとして、それでも乗客に向かってその口の利き方はないでしょう。 大体ユニバーサルボックスって何??? 私がわからないだけかと思ったけれど、そうでもなさそう。 周りのネイティブらしき人たちも、ユニバーサルボックスって何??と言い合っているし。

そしてこのドライバー、本当に態度が悪い。 停留所に溜まる度に、ここで降りる人がいないか尋ねるのですが、その後に必ず、

「僕を降ろしてくださ~い。」

とか

「俺もここで降りてぇなぁ。」

とか、マイクを通していうのです。
大抵コーチの運転手さんは愛想のいい人が多い(あくまで私の感想)のですが、こんな人は初めて見ました。

この態度の悪い運転手とはビクトリアコーチステーションでおさらばして、ガトウィック行のバスに乗り換え。 ここで、私の荷物はこびを手伝ってくれた、コーチステーションの職員さんに、ユニバーサルボックスについて尋ねるも、彼にも分からず、

「多分、荷物入れのことを差して言ったんじゃないかな。 なんでも入る箱。。。みたいな」

とのこと。 あぁ。 皮肉っていったのね。 ととりあえず納得して、バスを待っていると、偶然、私の学校と同系列のカレッジに通っている台湾人のジャックにでくわした。 ジャックは学食で仲良くなったキャンティーン仲間。 そして彼にさっきのバスドライバーの話をすると彼もびっくりしていた。 彼はヒースロー空港に両親を向かえに行くところでした。

バスに乗って空港につくとと、今度はロビーで爽やか男前ティーチャーのスティーブに出くわす! ものすごい偶然。 彼は彼女と一緒に2週間インドに行くところだったそうです。 そして、迷わずシェリーにメール。

今回は珍しく、easyjetが時間より10分早くバルセロナにつきました! だけど、パイロットの運転が下手で、急降下するわ、急ブレーキをかけるわ。。。おかげで、隣の席の人と話がはずみました。

朝10時に家をでで、空港に着いたのが、夜の9時。 本当にイギリスとバルセロナは近いんだろうか。。。なんて。コーチの時間がかかるからしかたないですよね。

とりあえず、今日から2週間、私はバルセロナです。
[PR]
by green_banana | 2005-12-17 20:41 | イギリス

金曜日と友達と私

さて、好きだけれど、嫌いな金曜日が今週もやってまいりました。

特にこの金曜日は特別。 なぜなら明日からクリスマスホリデー。
そして、この日で学校を離れる友達がなんと8人。

そのうちの1人が、シェリー。 私がここに来たとき、彼女はこの先4ヶ月この学校にいるといっていた。 私は4ヶ月先なんて遠い遠い話だと思っていたし、シェリーはずーーーっとこの学校にいるような気がしていた。

彼女はいつも私の後を付いてきていた。 そして私に会って日本人の印象が変わったといってくれた。 シェリーはいつも素直で正直で、思ったことをなんでも口にするし、大らかで、だけど繊細で、真面目で、なんというか、一言で表せないのだけれど、本当に、「かわいい」という言葉がぴったり。

私にとって彼女は大切な友達だけれど、それ以上に、本当に妹の様に思っていました。 コロンビア人のグラディスが 「私は母親で、美奈とシェリーは姉妹で、私の新しい家族のようだわ。」 と言ってくれていた。 本当にそうだと思う。

そんなシェリーも今日で学校に来るのは最後。 1月7日からケンブリッジでのAコースで大学に入るための勉強に専念するのです。 今まで、イズマハーンが帰るときでさえ、私は学校では泣かないようにしていました。 シェリーの時も我慢する予定だったのですが、この日の朝、彼女が私にカードをくれて、その内容でもう泣けてしまって、授業が始まる前に、トイレで一人で泣いてしまいました。。。

そして、12時からはサーティフィケート授与の時間。 今日はもう一人の日本人ヨーコも最後。 1月からは日本人が私一人になってしまう。。。多分新しい人が来るだろうけれど、やっぱり1人っていうのは寂しいなぁ。 ヨーコは同郷だし、学校ではお互い別のグループにいながらも、話したいことは話して、バカな話もたくさんして、いい関係が築けた(と私は思っている)ので、彼女が帰ってしまう事もとても寂しい。

サーティフィケート授与の後、シェリーは一番に私のところに来て、いつものように抱き着いてきた。 もうここで私はこらえきれなくなって泣いてしまったんです。。。だってシェリーが号泣してるんだもん。 そして隣にいたマルタももらい泣き。 そして涙が嫌いなマルタと、メキシカンガールズによってそれが笑い泣きに変わる。 そして私の化粧がぼろぼろ私を見てみんな爆笑。 どうやら私だけがウォータープルーフのマスカラをしていなかったようで。。。(汗)

シェリーがカンタベリーを出るのは7日なので、私がスペインから帰ってきてもまだ会えるのですが、それでも、もう学校であえないというのは特別なものがあります。 彼女は中国に帰るわけではなく、ケンブリッジに引っ越すだけなのでしょっちゅう会えるので、私はラッキーなのかもしれません。

私もこっちに来てから、中国人のイメージが変わりました。 もちろんシェリー以外にもたくさんの中国人に会ったからですが、やっぱり彼女が一番イメージを変えてくれたような気がします。 ここで、そういう大切な友達ができた私は幸せなんだと思います。
[PR]
by green_banana | 2005-12-16 20:14 | イギリス滞在記

やっぱり風邪(涙)

昨日の熱っぽさはやはり風邪のせいだったようです。
今朝おきると、喉と、鼻の奥が焼け付くように痛痒くて、鼻水がぶんぶんでるわ、声がおかしいわ、熱はあるわで、ひどい顔。 というわけで学校を休んでひたすら寝ていました。

明日は冬休み前の最後の授業なので絶対学校には行きたい! なによりシェリーが学校に来る最後の日なんだから。 しかも土曜日はスペインに行く日だし。 というわけで、薬は極力避けたい私。 なんとか薬に頼らずに早く直す方法はないかと考えていると、昔、お婆ちゃんに言われたことを突然思い出した。

「風邪を引いて喉がおかしな時は、濃~~い緑茶をできるだけたくさん飲みなさいねぇ。」

そして、運良く、先月日本に帰った友人が、「伊衛門茶」のティーバッグを大量に私に託してくれていた。 というわけで、これでもか!というくらい濃い伊衛門茶を30分に1杯ほど飲みながら過ごし、しばらく寝て起きると喉がすっかり、とまではいかないけれど、ほとんど治っている! お婆ちゃんに感謝!!

念を入れて、まだまだ濃いお茶を飲みつつ、キャロルにあったかいシチューを作ってもらい再び寝る。 明日、学校に行けるまで回復するのは確実だけれど、夜にパブに行くことを考えると、ほとんど完璧と言えるまで治したい。

というわけで、この日一日は、緑茶と睡眠だけで過ぎていったのでした。。。
[PR]
by green_banana | 2005-12-15 20:11 | イギリス滞在記

風邪か...

なんとか試験も終わり、今日の午後はフリー。
そして午前2コマの授業のうち、後半の1コマをつぶして近所のフレンチカフェへ。 このカフェがまた雰囲気がよくて、パンがいつも焼き立てで、私は大好き。 注文してから焼き上げるぶん、時間はかかるのですが、待つ価値ありです。

そして隣のクラスも一緒になって、総勢16人ほどでカフェへ。 みんなで散々盛り上がった後は、自由行動だったのですが、試験が終わり、もうすぐ冬休みということで体が安心していたのか、この日の午後、突然喉が痛くなり、なんとなく熱が出そうな気配までしてきた...というわけで、夕食のキャンティーンに行く時間になるまでひたすらねていたのでありました。
[PR]
by green_banana | 2005-12-14 19:48 | イギリス滞在記

ふぅふぅ。 

やっと今日で試験が終わりました。 やれやれです。 

今日はリーディング、ライティング、そして文法の試験だったのですが、いやぁ、難しかった。 というより、実は、得意だったはずのリーディングパートが今日は本当に難しくて自信がないんです。 そしてあんなに苦手だった文法のパートは、そこそこできたかも…と、密かに思えるくらいのできでした。 

本番では不思議なことが起こるもの。 そして普段の模擬試験の時から、絶対にAでパスするだろうと言うくらいの成績を残していた、韓国人のスヨンが、リーディングの時間が足りず、最後のパートは適当にマークシートを埋めただけらしいのです。 まったく、センター試験の会場には魔物が住むといわれているけど、どうやらここ、フォークストンの語学学校にも魔物は住んでいるようです。 

「落ちたかもしれないな…」 と思っているのですが、結果は3ヶ月経たないと出ないので、そんなに長いこと心配しているとハゲてしまうでしょう。 と言うわけで、とりあえず今は全部忘れることにします。 今週が終われば スペインに行く準備を始めよう!

テストの後は、カンタベリーの学校に戻って、相変わらずの学食で晩御飯を食べ、そのあとはクラスメート全員、パブで打ち上げ。 しばらくすると、他の友達や先生も参加してくれて小さなパーティ状態でした。 本当はもっとみんなで喋っていたかったけど、今日は私は朝5時、みんなも6時に起きていて、かなり疲れていたのと眠かったのとで、8時過ぎに解散することになりました。 明日の午前、後半のクラスはカフェだー^^ 午後はフリーだし、早く帰って大掃除をしよう!

とにかく、頑張った! と、今日だけは自分を褒めてみることにします。 
[PR]
by green_banana | 2005-12-13 23:36 | イギリス滞在記