コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Discipline

「Discipline=躾」


身を美しくすると書いて 「躾」


西洋人が東洋人を表現する時に必ずでる言葉のうちの一つではないでしょうか?(ただし、喋っている本人が実際に東洋人をよく知っている場合に限る) イギリスでも言われ、スペインでもやっぱり言われています。 東洋人は時間を守るとか、態度が良いとか。

先日、ロサや彼女の友達4人でランチをしていた時、私の話題になったところ、

「毎朝ベッドをきちんと整えるし、家事も手伝ってくれるのよ~。 この前は、バスルームを一人で大掃除してくれてね!」

とロサが興奮気味に話していました。 日本人からすると、これくらい当たり前だと思いませんか? でもこっちのウチでは、人を雇って家を掃除してもらっているので、「そんなにきっちりしなくていいじゃない。」 となるようです。 で、さらに会話は続く。

 友 : 「ホントねぇ。 日本人はDisciplinaなのねぇ」

 ロサ&友2 : 「そうそう、私たちは indiscplina よねぇ。
         (un-だったかも知れない)」

 みんな : 「あはは」


となった。


まぁこの辺は冗談だとして、個人的に、西洋人全体がダメだとは全く思わないし、日本人でも、自分を含めダメな人はたくさんいると思います。 それでも、一般的にはやっぱり日本人、韓国人のほうがきっちりしているのではないでしょうか? 街や電車内での人間観察で思うことは、あまり 「これをするとイヤだと思う人がいるかも知れない」 と考えないのかな?と言うこと。 それとも、自分が気にしないから人も気にしないと思っているのかな?

こっちの人から見れば私なんて 「神経質すぎるんだよ」 と言われてしまうかも知れないけど、日本では大雑把な方なんですよ。 こっちで、大学生の男の子と日本の学校の教育について話す機会があり、時間厳守のことや、忘れ物チェックの話をすると、「厳しくてヤダ」 と言われてしまった(笑)

イギリスでウルグアイ人の女の人 (職業:学校教師) に

「日本人や韓国人は格闘技 (空手とかテコンドーとか) でDiscipline を身につけるんでしょ?」 と言われた。 

絶対違う!…と思う。 

東洋人がみんな格闘技をやっていると思わないで下さい!
(実際彼女はそう思っていた:笑)。 

格闘技を習っている子供は一握りでしょ? 
野球やサッカーの方がよっぽどメジャーですよ!

もちろん、小学校時代にメジャーな習い事 (書道、水泳など) を通して躾られることはあるとは思いますが、基本的に躾は家で、加えて時間厳守等のルールは学校でも、なされるものではないのでしょうか? 違うかなぁ? 
国が違えば文化も違う。 やっぱり私は東洋流の躾が好きであります。
[PR]
by green_banana | 2006-11-27 20:40 | スペイン

辞書

電子辞書。 日本、韓国、中国 (一部) ではめちゃめちゃ一般的なものではないでしょうか? もちろん私も使っています。 


イギリスでも言われた。 スペインでも言われる。


"Computer" もしくは "Translator"


なんでやねん!"Electiric dictionary" やろ! って言いたくなるのは私だけでしょうか。 "Computer" はまだしも、"Translator (翻訳機)" って何だか抵抗がありませんか? なんだかずるいことをしていると言われているような…

マル曰く、


「Dictionary って言ったら、本だから。」


う~~~ん。 ちょっとナットクしないでもないけど、やっぱり "Electric dictionary" だと思いません?
[PR]
by green_banana | 2006-11-25 23:57 | スペイン

Renfe

Renfe。 スペイン国営の鉄道会社。 私がスペインで最も嫌いなものの1つ。 ていうか、私がスペインで嫌う物といえば、全部ココから派生しているような気がする。


Renfe トラブルなく運行することの方が稀です。 とくに今は、路線の拡張工事か何かをしているので、日々トラブルだらけ。 この前も、乗るはずの電車の表示が全然違う行き先になっていたので、わざと乗らずにいたら、実はただの表示ミスで、次の電車まで1時間30分待たされた。 しかもそれが終電。


そして乗り込んだ終電には、これからディスコに行くであろう、酔っ払いのティーンエージャーでぎっしり。 禁煙の車内でマリファナぷかぷか吸いまくり (匂いで分かるらしい。 現地友人談) それにつられて、周りの若者もタバコを吸い始める始末。 車内で合唱するわ、満員の車内であっちこっちウロウロするから、私のお気に入りのマフラーが1人のズボンの金具に引っかかってほつれるし (激怒) 散々。 


そして彼らが下車したとたんセキュリティー係がやってきて車内を見回る。 


お前ら

来るの遅いんじゃ!! 

ていうかわざとやろ!!



であります。


楽しく過ごした後だったのに…
Renfe ALWAYS fxxks up my days!!!
[PR]
by green_banana | 2006-11-22 23:45 | スペイン

Beltza

"Beltza" さてこれは一体なんでしょう? 正解はロサの家の犬の名前。 バスク語で 「黒」 と言う意味の言葉だそうで、名前の通り、ベルサは真っ黒のラブラドールです。 (右上の写真参照) ものすごく温和で人懐っこく、その性格は 「動物のお医者さん」 に出てくるチョビそっくり。(知らない人は漫画喫茶へGo!) 


一般に犬には2,3歳児と同程度の知能があるといわれていますが、ベルサを見ていると3歳児そのものを見ているような気分になります。 彼女はラブラドールらしく、遊びが大好きで頭が良いのですが、バカなのです。(分からんて?)


前にも書いたように、今までに5つほど、テレビ&DVDのリモコンを齧り壊しているし、ロサのお気に入りのクッションは全部ベルサに1/4程食べられています。(マジで) 人が集まっているところには食べ物があると信じているし、人間と同じ事をしたがります。(カバンを持ったり、引き綱を持ったり。) テレビっ子(目が悪くなるぞ)だしね。 写真に写っている犬を犬と判断する能力がある。 真っ暗なところにいると、いるのかいないのかが分からない。 相手にされていないと、気を引くしぐさをする(ひっくり返って見たり、外では突然走り出したり) とまぁこんな犬。


そして、「上目遣い」 を知っている!! アレは絶対わざとやっている!! 分かってやっている!! 食べ物をねだる時、上目遣いでこっちを未ながら、前足で催促するんですよ! 誰も 「No」 とはいえません。なのでベルサはちょっとおデブ。


でもやっぱり賢いんです。 私1人で散歩に連れて行ったある日の事。 (私がベルサを連れて行ったのであって、決して私がベルサに連れて行ってもらったワケではない!…はず。) 人気の少ない小さな広場で、いつもベルサを放すのですが、その日はちょっと悪そうな男の子が数人たまっていたんです。 「何かやだな~」 と思っていると、ベルサも気配を察したのか、いつものように走り回らない。 遠くまで探検に行かない。 
ず~っと私の周りをグルグル回って、時々その男の子たちの様子を伺っているんです。 


そしてその子達がその場を離れ、姿が見えなくなると、いつものように遠くまで探検に行きました。 これって、やっぱ私は守ってもらったことになるんですよね。 賢いと思いません? 多分ベルサにとって、私はグループの中で一番下の一番弱い子扱いだと思うので、「守らねば!」 という犬の習性かしら? なんて勝手に思っていたのですが、どうなんでしょ?


何はともあれ、ベルサは賢くておバカです。 お茶目って言えばいいのかな。
[PR]
by green_banana | 2006-11-19 23:27 | スペイン

カルニセリア

いまだかつて、お肉屋さんに行く度にワクワクした…そんな経験があったでしょうか。 漁師町で育ったせいか、私は昔から「肉より野菜」「肉より魚」派なので (もちろんお肉も好きだけど) お肉屋さんよりも魚屋さんの方が好きでした。


が、しかし。 こっちに来てからというもの、いつも行くお肉屋さんが大好きで仕方ありません。 スーパーの肉と違って、覚え切れないほどの種類の生肉とチーズ、それにそのお肉から作ったハンバーグやソーセージ、春巻きなどがきちんと並んでいて、それを見るだけでもうっとり。(子供か:笑) それらのきれいに並べられたお肉たちの中から注文するのですが、私がワクワクするのはここから!


注文した肉をお店の人が切って売ってくれるわけですが、この2人が超ダンディー!(そこか…;) いやいや。 1人は布袋寅泰を恰幅よく、男らしい体形にした感じで、年のころは布袋さんよりも少し上と言ったところでしょうか。 もう1人は、K-1選手のニコラス・ペタスにちょっと似ていて名前はDavid。 (ニコラス・ペタスをご存じない方はこちら。) 


この2人がとても慣れた手つきの見事な包丁さばきで、陽気に肉をさばき、キレイにパックに並べてラップをかける、その手際を見るのが好きなのです。 子供のようにときめいてしまうわけです。


この2人を見て、「将来お肉屋さんになるんだ!」 と目を輝かせる少年少女はたくさんいると思う。



ちなみに、布袋さん似の人に偶然会ったときのこと。 突然車が横に止まって、「Hola!Mina!」 と声をかけられて驚いた。 サングラスをかけた彼はまさに布袋寅泰そのものだった(笑) そしていい車に乗っていた(笑)
[PR]
by green_banana | 2006-11-14 23:03 | スペイン
先日電車に乗っていると、向かいにものすごい男前が座っていました。 


ボックス席だったので、距離は約2メートル。 
スペインには 「男前」 「オシャレ」 この2つを兼ね備えた人は余りいない。 ディスコとかにはいるけど、自意識過剰そうな人が多いので、個人的には却下。(←思い込み)


でも、向かいに座っていたその人は、この2つを両方兼ね備えていて(笑)
しかも読んでいる本をめくるその手がものすごく私好み! 
何ていうか、こう…大きくて、すらっとしていて、でもしっかりしていて…


で、その人も私と同じ Plaza Catalunya 駅で下車。 
「いや~ん、男前やわぁ…」 と後をつけるように階段を上ると、
そこで彼を待っていた人は…



























彼氏 orz




























トホホ…同性愛者だったのね…Orz


ここがスペインだってこと、思い知らされました…
[PR]
by green_banana | 2006-11-09 23:30 | スペイン
さて、サバンナの弱肉強食のドキュメンタリー番組を見ていて、ふと 「何かに似てるな…」 と思いました。 何でしょう。 チーターに追われて逃げるガゼルの群れ…一定の距離を保って、雄ライオンとにらみ合うガゼルの群れ…(何故かいつもガゼル:笑)


そう! これは Paseo de Gracia のあの光景に似ているんだ!! バルセロナに来たことがある人は絶対に見たことがあると思うのですが、Plaza Catalunya から山側へ向かって伸びる大きな通り、それが Paseo de Gracia。 高級なブランド店がならぶあの通りです。 

その通りにあるレストランの前あたりで、よく黒人さんたちが、偽物のブランド品を売っています。 個人的には 「1つ欲しいな~」 なんて密かに思っていたりします(コラ!) しかし、ご承知の通り、コピー品を売るのは違法。 なので、売っている彼らはいつでも逃げられるように準備をしています。

ついこの前それを目撃! Paseo de Gracia を1台の白バイ(?)がゆっくり走ってくると、みんなが一斉に、一瞬で商品を片付けて、蜘蛛の子を散らすように退散(笑) 大きな袋を肩に担いで逃げる。 そして車道をはさんで、1人の警察官と大きな袋をかついだ大勢の人とのにらみ合い。


ドキュメンタリー番組を見て、似てると思った光景はまさにコレだったんです。 いつか買おう。 警察官には気をつけて(コラ!!)
[PR]
by green_banana | 2006-11-06 22:56 | スペイン

距離感

人に距離を伝える時どのように伝えるでしょうか?

私の場合、


  徒歩5分以内なら 「近い」 もしくは 「5分くらい」
  徒歩5分~10分 「ちょっと歩くよ」
  徒歩10分~15分 「ちょっと遠いかも」
  それ以上 「結構遠い」


 
大雑把に言うとこんな感じ。 例え近くても、歩くことを強調します。 ところがマルは反対。 結構歩く距離でも、「近い」 と言って 「ごまかし」 ます。 この前これについて話題になりました。 

きっかけは、マルがたまたまインターネットで日本のパステラリアを見つけたので、私を驚かせてやろうと思ったらしいんです。 で、彼も初めて行く場所なのでイマイチ距離が分からない。 

「近い?」

と聞くと、

「うん。 15分から20分くらい。 それ以上はかからないと思う。」

とのコト。 ほうほう。 
彼と出かけるときは、ヒールを履いていようと裸足だろうととにかく歩かされるので、その日もペタンコの靴を履いていました。 ちなみにマルタと出かけた時に、2階分上るのに階段を使おうとして怒られていた(笑)「ちょっと!こっちは女2人ハイヒールなのよ!気を使いなさいよね!!」と。

「15分から20分」 その言葉を信じて歩く。 ひたすら歩くもなかなか着かない。

20分くらい歩いた時点で、お腹も空いてきたし、着きそうもないし、「まだ!?」 という気持ちも強くなってきた(笑) そして Gran via をひたすら歩くこと約30分やっと1つ角を曲がる。 すると彼が、

「よし。 あと3ブロックで着くよ。」


さささ、3ブロック!?


さっき近いって言ったよね!? トータルで40分くらい歩くことになるんですけどそれでも近いと言うのでしょうか!?? と思ったので聞いてみました。

「どれぐらいの距離なら近いと思う?」

そして私の法則(上記) を説明。 すると

「え~? 日本人はそんな短い距離でも遠いと思うわけ?Lazy なの?」



ちゃうわい。



「そうじゃなくて、相手をがっかりさせないようにするためだってば。 だって初めから遠いと思ってたら心の準備ができるでしょ? 実際歩いて見て近かった場合は、『そんなに遠くないやん』 って笑えるけど、近いと思って歩いて実際遠かったら 『まだなん??』 ってなるやん?」


と半分本音、半分自分の現在の心境を混ぜて説明(笑)


「あぁ、なるほど。 こっちの場合は反対だよ。 相手を Cheer up するためにできるだけ近く言う。」


なるほど…ポジティブと言うべきなのか何なのか。 そういえば、本当に遠い場合、(電車や車で2時間くらいかかる場合) を除いては、彼から 「遠い」 という言葉を聞いた事がない。 時間を見積もる時でもそうなんですよね。 性格もあると思いますが、私はいつも2,30分余分に見ておくほうですが、彼はいっつもギリギリ。 「いける、いける」 の精神でいっつもギリギリ(笑)

さてどっちがいいのか。 どうでしょう?
[PR]
by green_banana | 2006-11-03 22:19 | スペイン

漢字

昨日、Badalona にあるゲーム専門店に行った。(スペインまで来て何してるんだか。) そこで働いていた笑顔がかわいいお兄ちゃん。 多分同い年くらいでしょう。 私が日本人だと分かるや否や、


「わー! 僕、日本大好きなんだよ! いつもココの商品は日本から仕入れてるから、僕たちがお客さんなんだけど、逆だなんて嬉しいなぁ!! なんてラッキーなんだ! あ、そうだ! これ、おまけしてあげるよ!(と、ナゾのCDロム。) それから、この名前を日本語で書いてくれない??」


っぽいことを言っていた。 (↑マルの訳を、お兄ちゃんの雰囲気に当てはめて日本語にしたもの:笑) そして厳密に言えば、彼のお客さんは私ではなく、マル。


日本語で書いてくれと言われた名前は 「トニ」「クラウディア」。 「トニ」 はともかく、「クラウディア」 はどないせぇっちゅうんじゃい!! 
あいにく、電子辞書も持っていなかったので、感じを調べることもできず、結局選んだ漢字は、


「斗仁」 


と 


「久羅羽出阿」


それから、ひらがな&カタカナバージョンも付け足しておきました。 
なんだかなぁ。 私の漢字力のなさがバレバレ…



「絶対に他の日本人には見せないで欲しい!!! タトゥにはしないで欲しい!!!」


と後でマルに懇願。 マルに頼んでどうするんだ…

もし、こんなおかしなチョイス2人を見かけたら、それは多分、私の(←誤解を招く恐れアリ) 「Toni」 と 「クラウディア」 です。
[PR]
by green_banana | 2006-11-01 22:58 | スペイン