コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

狭いトコロが好き

コザクラインコ。


この名前にたどり着くまで、結構苦労しました。 
だって、ダニやエロイには、



「アガポルニだよ。」



とさらっと言われ、大体どんな感じに育つかを説明されただけで、日本語の名前なんて見当も付きませんでした。 ただ、助けてくれたのは、この鳥が持つもう1つの名前。 その名も、



Pajaro del amor

(愛の鳥)




まぁ、素敵。 由来は、選んだパートナーにべったりになるからなんだとか。 というわけで、これを手がかりに、鳥に関するページを検索したどり着いたこの名前。 日本語で、このもう1つの名前、




ラブバード




…何か安っぽくね? もうちょっとセンスのある名前にできなかったのかね…

ま、それはさておき。 今日もこはるは元気です。 だいたい2時間おきにご飯をあげなければならないので、大変といえば大変ですが、可愛さバクハツでそんな苦労なんてふっとんでしまいます(バカ)。


こはるはこんなに成長しました。
d0036142_665025.jpg

前に載せた写真と比べると大きくなっている……のは分かりにくいかな(汗;)

来た頃はただ灰色だったのに、色もこんなに出てきました。
d0036142_68416.jpg

緑が増えて、頭の毛も黄色に近い黄緑の毛が生えてきました。 そして、尻尾の辺りを見てください! これ、とてもキレイな青なんです! オパールのような青!まだ顔の周りの毛は産毛状態で色が分からないんですが、これからどんなコントラストを見せてくれるのか、非っっっ常に待ち遠しいです^^


そして、コザクラインコは狭いトコロが好きらしいと色んなHPに書いてあったので、トイレットペーパーの芯を入れてみました。 するとこの通り

d0036142_6113978.jpg

気に入りすぎて、入ったっきり出てきません(汗:)
どんなに上手に隠れても~、
おしりが♪♪♪~見えてるよ♪
(歌詞忘れた)


寂しいので、反対側から覗いてみました。
d0036142_6123987.jpg

箱の外側からなので、ちょっとわかりにくいかも。 
めちゃめちゃカワイイです(爆)

たま~に、「死んでんじゃね…?」 と不安になることは内緒。

明日もまた、育ってくれていますように!!


スペインに来てそうそう、鳥の子育てするとは思いもしませんでした(笑)
[PR]
by green_banana | 2007-03-11 06:20 | 動物たち

こはる日記

最近は、宿題、こはるの世話、ジム通いで忙しいです(笑)


小春が我が家に来てから1週間、かなり大きくなりました。 そして、最近やっと、こはるは日本語で何と言う名前の鳥なのかが分かりました。 その名も





コザクラインコ





まっ、かわいい名前☆(バカ) ちなみに、スタンダードなコザクラインコは、大きくなるとこうなるそうです。
d0036142_031159.jpg

ペット専門店のKOJIMAのHP参照

他にもいろんなバリエーションがあるらしいのですが、ウチのこはるはスタンダードになりそうな予感です。


そしてウチにはベルサがいます。 ベルサはこはるが気になって仕方ない様子。 最初のうちはみんな、何かあっては困る!! とばかりに必要以上にベルサを遠ざけていたため、彼女はこはるにヤキモチを焼いていました。 ところがある日、ちょっとした好奇心でこはるのおしりを近づけてみると、


ペロ…


とベルサ。 見ていた私とロサが驚いてベルサをほめると、調子に乗って




ベロベロベロ!!フガフガ!




となったので、慌てて引き離したのですが、それ以来ベルサはこはるに興味深々。 隙あらばこはると遊ぼうと試みています。


d0036142_0421995.jpgベルサの鼻先に
こはるがいます。
もし自分がこはるだったら
生きた心地がしないだろうな…






マルの言葉を借りると、ベルサはチキンです(笑) なのでこはるが正面を向いていると、ちょっとビビッています。


d0036142_0444336.jpgこはると(で?)遊びたくて
仕方ないベルサ。
オレンジの箱の中に
こはるがいます。







こはるはただいま、生後2週間ぐらいかと思いますが、どの位すれば毛が生え揃うんでしょうかね?? 楽しみです。 今は毎日目に見えて成長しているので、「今日はドコが変わったかな?」 と観察するのが毎朝の楽しみになりました。 


朝、休みの日まで早起きしなきゃならんけれども…(爆)
[PR]
by green_banana | 2007-03-10 00:53 | 動物たち

あぁあ~~~!もう!!

書類の準備がすすまへーーん!!



アポスティーユ申請書類の

書き方がわからーーん!!



郵便料金高い!!!










ふぅ。 やっぱり書類関係のことを考えるとイライラするのでほえてみました。 こんなこと言ってたら、全く進まないんですけどね…(汗) もともとが面倒くさがりな性格なもので…


そうだ、最近動物ネタが増えたので、カテゴリに「動物たち」 を追加してみました。 ってどうでもいいか(笑)
[PR]
by green_banana | 2007-03-06 00:14

はやっ!

HPを見たり、人から聞いたりして知っていたけど、鳥の成長がココまで早いとは思わなかった。 インコのこはるは、この3日間で目に見えて大きくなりました。


1日目:我が家に来た日

デジカメ拡大して、やっとわかるくらいに緑色の羽が生え始めていた。
全身ほぼ灰色。


2日目:ちょっとウチに慣れた。

一目見て分かるくらいに、翼の部分に緑色が増えた。
鳴き声が聞こえるようになった。


3日目:今日

頭部にも緑色が。 鳴き声にも力が出てきた。
足で掴む事を覚えた。 一回りでかくなった!!




今は、高さ12、3cmくらいの虫かご (スズムシとか入れるアレ) にパインチップを敷き詰めているのですが、そのかごから頭を出せるようになったんです。 昨日は、まず必死で片足を淵に引っ掛け、思いっきり踏ん張ってやっとくちばしで淵をつかめる程度だったんですが、今日はしっかり頭が出ている!

これってすごくありません? でもまだやっぱり歩くのは上手じゃなくて、ヨチヨチ歩いてます(笑) すごいなぁ。 これからの成長が楽しみです☆ 
どうやったら手乗りに育つのかなぁ?
[PR]
by green_banana | 2007-03-05 03:16 | 動物たち

Upしました

記事6つまとめてUpしました^^

例によって他愛もないことですが、時間があれば読んでくださいまし。
[PR]
by green_banana | 2007-03-04 20:28 | 日常

鳥が来た!

といってもホメルが帰ってきたわけではありません(涙)

実はエロイ の友達ダニはペットショップを経営していて、ホメルも2羽のセキセイインコもダニからの贈り物。 犬、猫は扱っていないお店なので、ベルサはブリーダーさんから購入。

さて。 昨日、その友達が新しい鳥を連れてきてくれました。 こんな子↓
d0036142_2021685.jpg

…って思いっきりヒナじゃないですか!? えぇ~、私に育てられるかな…

そんな私の心配をよそに、彼は餌とパインチップを置いて、餌のやり方など一通り説明をした後に帰ってしまいました。 残されたのは産毛も生え揃ってないようなヒナと、呆然とする私…

とりあえず暖かくしなければ!ということでタオルでヒナの箱をグルグル巻きにするものの、「ちゃんと生きてるかな…」 と不安。 そして餌をやるときに気が付いた。 手の上のほうが気持ち良さそう。 多分、体温が直接伝わるから丁度いい温度なんでしょうね。 そしてお腹一杯になったとたんに手の上で寝てしまいました。





か、かわいい!!





昔ハムスターを飼ったときも思ったのですが、小さい生き物の方が、命の生々しさをより実感すると思いませんか? 手の上で、ぎゅっと握ってしまえばひとたまりもないような命で、でも私たちと同じ強さで 「生きよう!」 と必死で頑張っていて…だから、こっちも 「死なせちゃいけない!」 と必死になってしまうような。


…別に大きいから手を抜くとかそう言うことじゃなくて…


とにかく、昨日のバルセロナは完全に春。 そんな日にウチに来たので、


こはる


と命名しました♪ (単純とか言うな><) ちなみに女の子だそうです。


他に、摩耶と六甲という候補を挙げたのですが、周りにあっさり却下されました。 神戸っ子なら分かりますね。


今日のこはるは昨日より元気な気がします。 私は…日曜なのに餌やりのために早起きしたので眠いです。

現在のこはる↓
d0036142_20184876.jpg

きちゃないのは、頭をプルプルした時に飛び散った、余分な餌がこびりついているからです(爆)


羽の辺りに、うっっっっすら色つきの羽が生えてきています。 どうやらホメルと同じ、緑色になりそうです。
[PR]
by green_banana | 2007-03-04 20:27 | 動物たち

ひな祭り

あ、3月3日はひな祭りじゃないか。

阪神大震災以降、雛人形がどこに行ったか分からなくなってしまったため、ひな祭りとはすっかり縁がなくなってしまいましたが、日本領事館に飾ってあった見事な7段飾りを見て、「やっぱ、いいなぁ」 としみじみ。

いつかお金に余裕ができたら買おう。


お内裏様+お雛様と三人官女だけでもいいからさ。
[PR]
by green_banana | 2007-03-03 19:41 | 日常

Perra pija

先週の土曜日に、フランスへ行ってきました。

Perpinya とか何とか言う、国境の町です。 フランスと言ってもウチから車で2時間くらい (神戸~京都くらい?もうちょい遠い?)

街の大通りは川を中心に左右の通りがあり、セントロはスペインとはまた少し違うセンスのいいお店がたくさんありました。 それにしてもパステレリアにならぶお菓子のきれいなこと!(高いけど) スペインの欠点は、ケーキ類があまりおいしくないことだと思う私にとって、とっても目の保養になりました。

Perpinya↓
d0036142_1929564.jpg

ちょっとカンタベリーに似てると思ったのは私だけでしょうか?

さて、フランスまで行きましたが、別に観光しに行ったわけではないんです。 これが。 じゃあ何をしに行ったのかというと、実はベルサの薬を

買いに行った
んです。 これをクラスで話すと、タイトルの通り、


「Que perra pija!!(えぇ!なんてポッシュな犬!)」


と言われてしまったわけです。 何の薬かというと、ベルサは生まれつき後ろ足の片側の骨に異常があって、痛みのためにその足をかばうように歩くので、少し歩き方がおかしいのです。 その痛みを緩和するための薬で、スペインでは売ってない薬だそう。 インターネットでも買えるのですが、「別に近いんだし買いに行けばいいじゃん?」 というのがロサ。 そして今回は私も付いていったという次第。

この薬を飲み始めて、歩き方もかなり普通になったし、階段も上り下りできるようになったし、効くモンなんですねぇ。 何はともあれ、Perpinya 良かったです。
[PR]
by green_banana | 2007-03-02 19:08 | 日常

実は…

実は先週、オウムのホメルを逃がしてしまいました…

そう、私にプロポーズしてきたあのホメルです。

完全に私のミス。 それは餌を換えている時に起きました。 不注意で餌箱を落としてしまったんです。 慌てていたため、片付けの間、餌箱があった場所 (3×5cmくらいの穴) にふたをするのを忘れていたんです! そこから逃げてしまいました…

捕まえようとしたロサと私は思いっきり噛み付かれ、2人とも流血。 ベルサはホメルを狩ろうとするしで大騒ぎ。 その後、ロサと2人で周辺を探し回り、まだ家の近くにいることは確認できたのですが、やっぱり捕まえられず。 ビセンスとマルが帰ってきてからもみんなで探すこと1時間半。 それでも見つからず…


「No te preocupe. Este loro es muy fuerte. Vivirá su vida. (大丈夫。 オウムは強いから、きっと自分で生きるわよ。)」


10年近く一緒にいた鳥を、自分が逃がしてしまったという罪悪感と、好きな鳥が逃げたショックとで号泣だった私にロサがそう言ってくれました。 何回も。

でも、実際泣きたいのは私じゃなく、ロサやビセンスだったはず。 私が泣いてもホメルが帰ってくるわけじゃないし…と分かっていながら泣く自分が嫌で嫌で、自己嫌悪。


「ウチにはまだ2羽の小鳥がいるし、もし寂しかったら、新しい鳥を迎えてもいいのよ。」


とロサ。 でも、すぐに新しい鳥の気分にはなれないので、「帰ってくるかもしれないから…」と、待つことにしました。

翌日は、優雅とはかけ離れたフォームで、わめきながら飛ぶホメルを、ベランダにいたロサが目撃したらしいのですが、それ以降は全く見かけないし、声も聞こえません。 もう遠くに行っちゃったのかもしれない…

帰ってこないかな。
[PR]
by green_banana | 2007-03-01 19:02 | 動物たち