コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

その後

えー、クラス下げようかな…なんて超ネガティブになっていた前回。 ですが、現在まだまだクラスに居座っています。 もともとの負けず嫌いとプライドの高さが邪魔をして、「クラスを下げてくれ」 と頼めなかった…というのも大きいかもしれませんが、一番考え方を変えてくれたのはクラスメイト。


実は、前回更新した日の夜、クラスメイト全員で回転寿司を食べにいったんです(笑)。 そこで、自分の思っていることを話してみたんです。 先生が言っていることが分からない事、語彙力が足りないからみんなの足を引っ張っているような気がして仕方がないこと、もっと基本から勉強したほうがいいんじゃないかと思っていること、など等。


するとみんなが、口をそろえてそんなことはないと言ってくれたんです。 先生の言ってることを掴むのに必死なのはみんな同じだよ、とも。 そしてイギリス人のアンドリューが、「確かに君は、ここにいる皆よりは理解が遅いかもしれないけど、それはただ、まだ学校に来て3日しか経ってないからだよ。 慣れれば大丈夫だよ。 僕らより大幅に遅れているとは思えないよ」 と言ってくれた。 そして、ベトナム人でありスウェーデン人であるシャンも、「そうそう。 私だって着たばっかりの時には全然分からなかったんだから。」 と。


こんなにたくさん励ましてもらったにも拘らず、まだ 「どうしようかな…」 といっていたんです。 でも、皆に話したことで、気持ちが少し軽くなり、授業中もちょっと余裕ができたような気がして、前日に感じたほどの息苦しさがなくなったんです。 そうすると前向きに考えることもできるようになり、休み時間テラスで、


「クラスの変更どうするの?やっぱり替えちゃうの?」


とシャンに聞かれたとき、素直に 「やめとこう、足りない部分は自分で頑張ろう」 と思えて、「やめとく。 超初級の本でも買って頑張ってみるよ。」 と答えていました。 一緒にいたオランダ人のエリザベスも大喜びしてくれて、「あ~、このクラスでよかったな。」 と心から思えました。

まぁまぁ、この先愚痴ることもたくさんあるでしょうが、今はとりあえず一歩前進! まだまだこれから頑張ります☆
[PR]
by green_banana | 2006-10-23 22:48 | スペイン