コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

伸びたもの。

スペインに来て2週間が経とうとしています。 そして最近気がついた…スペインに来て、以前よりも




英語が伸びた!!





どういうことやねん(爆)


もちろんスペイン語も伸びている自覚はありますよ!特に初級だから、今は目に見えて上達する時期だし。 過去の話ができるようになった!(え?それだけ?) でもでも、イギリスにいた9ヶ月間で実感することのなかった 「上達」 を、今ここ、スペインはバルセロナで実感(笑)


いやー、イギリスにいた時にはまだネイティブ同士の会話だと分からない部分があったり、DVDを見るのも英語字幕があったほうが分かりやすかったりしたんですけど、こっちに来てそれがなくなった。2週間で(笑)


なんでだろう? 思い当たる理由と言えば、クラスメイトとの会話が全部英語なことくらい?(もちろん授業以外で) もちろんイギリスにいたときだってずっと英語で会話していたけど、そのレベルが違う…向こうにいて、話すネイティブなんて先生たちかホストファミリー。 もしくはパブのおっちゃんかくらい。


イギリスにいたときより2ランク上ぐらいのところにいる感じだから、ビシバシ鍛えられてます。こっちには本当に日本人が少なくて会うことがないし、英語以外に他の言語は話せないし、友達を作ろうと思ったら英語しかない。 イギリスにいたときと違って、クラスにネイティブイングリッシュスピーカーもいるわけで、ヨーロッパ組にしてみたら


「別に言葉が通じにくい人と一緒にいる必要はないし。」


ってなワケで、こっちも友達を作るのに必死です。 でもさすがにイギリスとは違うよねーっと思います。 2ヶ国語3ヶ国語は理解できて当たり前みたいな雰囲気があります。 多分英語が全然できなかったら、ホームシックどころの話じゃなくなってたかも。 きっと引きこもっていたでしょう。


だって、ウチのクラスだけを例に挙げれば、

シャン(スウェーデン生まれのベトナム人)…ベトナム語、スウェーデン語が母国語。 英語も完璧。 ドイツ語とフランス語は話すのは上手じゃないけど、聞くのはほとんど理解できる。  

ダニエル(オーストリア人)…母国語はドイツ語、英語も完璧。 フランス語もできます。

エリザベス(オランダ人)…母国語はオランダ語。 オランダ人だけあって、英語は完璧。 100%バイリンガルの域。 ドイツ語も分かる。

エンリコ(ドイツ人)…ドイツ語ネイティブ。 フランス語堪能。 英語のレベルは私と同じくらい。 

ケイト(アメリカ人)…英語。 他は話せない。

カースティン(デンマーク人)…謎。


すごいと思いません!? まぁヨーロッパでは珍しくないのかもしれませんが、それにしたって 「英語はできて当たり前」 の雰囲気が強すぎ! おそらく、クラスで一番英語ができないのは先生でしょう。

だけど、しばらくは英語を忘れる心配をしなくてもよさそう。 よかった。 

…スペイン語頑張れ
[PR]
by green_banana | 2006-10-26 22:20 | スペイン