人気ブログランキング |

コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

Beltza

"Beltza" さてこれは一体なんでしょう? 正解はロサの家の犬の名前。 バスク語で 「黒」 と言う意味の言葉だそうで、名前の通り、ベルサは真っ黒のラブラドールです。 (右上の写真参照) ものすごく温和で人懐っこく、その性格は 「動物のお医者さん」 に出てくるチョビそっくり。(知らない人は漫画喫茶へGo!) 


一般に犬には2,3歳児と同程度の知能があるといわれていますが、ベルサを見ていると3歳児そのものを見ているような気分になります。 彼女はラブラドールらしく、遊びが大好きで頭が良いのですが、バカなのです。(分からんて?)


前にも書いたように、今までに5つほど、テレビ&DVDのリモコンを齧り壊しているし、ロサのお気に入りのクッションは全部ベルサに1/4程食べられています。(マジで) 人が集まっているところには食べ物があると信じているし、人間と同じ事をしたがります。(カバンを持ったり、引き綱を持ったり。) テレビっ子(目が悪くなるぞ)だしね。 写真に写っている犬を犬と判断する能力がある。 真っ暗なところにいると、いるのかいないのかが分からない。 相手にされていないと、気を引くしぐさをする(ひっくり返って見たり、外では突然走り出したり) とまぁこんな犬。


そして、「上目遣い」 を知っている!! アレは絶対わざとやっている!! 分かってやっている!! 食べ物をねだる時、上目遣いでこっちを未ながら、前足で催促するんですよ! 誰も 「No」 とはいえません。なのでベルサはちょっとおデブ。


でもやっぱり賢いんです。 私1人で散歩に連れて行ったある日の事。 (私がベルサを連れて行ったのであって、決して私がベルサに連れて行ってもらったワケではない!…はず。) 人気の少ない小さな広場で、いつもベルサを放すのですが、その日はちょっと悪そうな男の子が数人たまっていたんです。 「何かやだな~」 と思っていると、ベルサも気配を察したのか、いつものように走り回らない。 遠くまで探検に行かない。 
ず~っと私の周りをグルグル回って、時々その男の子たちの様子を伺っているんです。 


そしてその子達がその場を離れ、姿が見えなくなると、いつものように遠くまで探検に行きました。 これって、やっぱ私は守ってもらったことになるんですよね。 賢いと思いません? 多分ベルサにとって、私はグループの中で一番下の一番弱い子扱いだと思うので、「守らねば!」 という犬の習性かしら? なんて勝手に思っていたのですが、どうなんでしょ?


何はともあれ、ベルサは賢くておバカです。 お茶目って言えばいいのかな。
by green_banana | 2006-11-19 23:27 | スペイン