コザクラインコの「こはる」と、のんびり&ドタバタ生活@バルセロナです。


by green_banana

スペイン語の難しいところ。

 1. Puedo probarmela?
 2. Puedo probarla?


この2つの文章、ものすごく似ていますが、意味が全く違います。 スペイン語の目的語の使い方はものすごく難しいです。(私だけ?) 

<解説>
Puedo = Can I~
probar = Try
me = Me
la = it


大まかにこんな感じです。 細かいことはヌキ。 


さて。 昨日は授業で目的語の使い方の復習をし、少し霧が晴れたような気分になりました。 私が分からなかったのは、Le, Les と se の違いだったんですが、分かってみれば 「あ~、なるほど」 です。 前のレベルで目的語を勉強した時、担当だった先生が最悪だったので、本当に分かりませんでした。 どんな先生だったかはまた別の機会に。


で、その目的語の説明の際に、先生が上記の2つを説明。

先生:「これは外国人がよくやる間違いなんだけど、違いは分かるかい?」

みんな:「No」

先生:「例えば服を試着する時は (1) と言わなきゃいけないんだよ。 理由は~~~。 (2) の方は、

『試食していいですか?』

になるからね。 誰かこれ言った人いる?」








…やっちまったよ…何回も。







「…Yo (私)」 というと、マルコス(先生) 大爆笑。 

「絶対、今日も話題になってるよ! 『この前来た日本人、

このズボン試食していいですか?

って言ったんだよ~!』 って(笑)」



だよね。 笑うよね。 

私も多分外国人が 「コノ コート シショクシテ イイデスカ?」 って聞いてきたら、後で間違いなくネタにするもんな。


あぁ、恥ずかしい恥ずかしい。 
いいんだ、笑いを取れれば本望だよ。 


 1. Puedo probarmela? (試着してもいいですか)
 2. Puedo probarla? (試食してもいいですか)


Me があるのとないので大違い。 文法の説明は…省きます(エヘ)
[PR]
by green_banana | 2007-02-09 02:55 | 珍スペイン語録